一覧

森 佑大

職種
理学療法士
資格
理学療法士
入職年月日
2018.7

趣味

登山
日帰り登山中心。一度遭難しかけ、ヒッチハイク経験あり。

野球
選手兼監督です。野球がやりたくて、自ら草野球チームを発足!

ランニング
フルマラソン経験ありです。いつかはホノルル行きたい。。

休日の過ごし方

家族(妻と0歳の男の子)と過ごすことが多いです。

甘々のデレデレ親バカやってます。

ご利用者様・ご家族へ一言

私達の行うリハビリは、誰一人として同じ内容で行いません。

なぜなら、その人その人で後遺症は違いますし、悩みや目標も違うからです。

個別性を重視して、オーダーメイドのオンリーワンリハビリを行います。

是非お越し頂き、それを感じて下さいね!

よろしくお願いします!

理学療法士の森佑大と申します。理学療法士として某回復期病院へ入職し、脳卒中や骨折の方のリハビリを中心に行ってきました。それと並行して、通所リハビリ(デイケア)、老人保健施設、外来リハビリなども並行して兼務し、病院以外での生活期リハビリも行ってきました。

 

 

その後、「理学療法士として何が出来るのだろうか?」と考えるようになり、一度病院を離れ、訪問リハビリ、重症児デイ、特別養護老人ホームなどでもリハビリ職として関わり、幅広い意味でのリハビリ職としての役割を見てきました。

 

 

これまでにたくさんの現場を見てきて感じたことは、「保険の範囲で行えるリハビリには限界がある」ということです。保険は平等であるが故に、本当に必要な人に必要な量を提供する事が難しいと感じました。

 

 

ケンリハ脳卒中回復ステーションでは、自費で行う保険外リハビリを提供することができます。保険という枠にとらわれない分、ご利用者様が本当に満足できるリハビリを提供できると思っています。これまでに多くのリハビリ現場を経験してきたことを発揮し、それが少しでもご利用者様に還元できればと思います。

 

 

また、私は「TMPリハビリテーション研究会」という同業種の理学療法士、作業療法士を対象にした研修会団体を立ち上げ、そこで講師をしています。この活動は、「人に物事を伝える力を養うという自らの研鑽の意」と、「自分の経験や学んできた知識を少しでも多くの療法士に伝える」ために始めたものです。微力ではありますが、一人でも多くの脳卒中後遺症で悩まれる方に対し、少しでもより良いリハビリテーションが施されることに尽力したいと思っています。