一覧

  • HOME
  • 脳の不思議~脳の特殊な6つの機能~

脳の働きを知る

脳の働きを知る

脳の不思議~脳の特殊な6つの機能~

脳のアレコレ

脳はとても特殊な器官であり多くの特殊性を有しています。

 

①脳の重さ

脳の重さは1300~1400gで、成人体重のおよそ2%ほどである。

ヒトは何をするにしても脳がなければ何もできない。脳が全ての行動に対する決定権を持っているのだが、体重比で考えると、たったの2%らしいです。

この1kgちょっとの脳という臓器がいかに複雑に構成されているかが分かりますね。

 

②脳の酸素消費量

中枢神経は酸素とグルコースによる好気性解糖を営んでいるが、これらを神経細胞に蓄積することはできない。

したがって、持続的に十分量の血流を保ち、血液により絶えず補給されなければならないのである。

脳におけるグルコースの消費量は一日で約100~150gである。酸素消費量は全体の20%を占めている。

脳も意外と多くの酸素やグルコースを消費しています。頭を使うということはそれだけエネルギーを消費するということですね。

 

③脳細胞の再生

脳には約140億の神経細胞が存在しています。しかしこの細胞は、基本的に再生や増殖を繰り返すことはありません。病気であったり年を重ねることで減少していきます。

と、されてきたのがこれまでの医療なのですが、最近の目まぐるしい再生医学の研究において、脳の神経細胞も再生するという報告がされています。

つまり脳にも可塑性が存在するということです。(詳しくはこちら「脳の可塑性とは」

ES細胞やiPs細胞などと呼ばれるもので、数種類の細胞に分化する機能があることが分かっています。

動物実験では、その分化が確認されています。

これがヒトの脳細胞に直接作用できると、これまでの脳梗塞や脳卒中を患った人の破壊された病巣に使えるのかもしれません。

今後に期待ですね。

 

④脳の硬度

脳や脊髄などの中枢神経系は物理的な衝撃にとても弱いです。少しの衝撃で損傷を来してしまう臓器です。これらに物理的な刺激が入ると、脳挫傷や脊髄損傷などになります。

そのため解剖学、生理学的にも中枢神経系とは、頭蓋骨や脊柱管、髄膜などによって保護されているのです。

 

⑤脳の浮腫

脳や脊髄は損傷や代謝障害などによって容易に浮腫を生じてしまいます。ようするにむくんでしまうということです。

その結果、容積は増加してしまいます。

浮腫が高度になると身近らを圧迫してしまい、浮腫自体を助長してしまう悪循環にも陥ることがあり、それにより脳ヘルニアなどを合併する恐れもあります。

 

⑥脳血流量

中枢神経系の血流量は、全身血圧がたとえ上昇していたとしても下降していたとしても、一定の変動範囲内であれば増減することなく一定に保つようになっている、自動調節脳機構という機能を有しています。そのため血圧が変動したとしても、突然に脳の血流が変動しないようになっているのです。

 

 

こういった機能を多々備えており、かつ自動的に状態状況に応じた調整がなされています。

脳の機能は日々解明されていると同時に、その複雑性から更なる疑問が生じてくるものです。

奥が深いですね。