一覧

  • HOME
  • 自宅で出来る脳卒中の再発予防

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

自宅で出来る脳卒中の再発予防

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けしていきます。今日のテーマは「自宅で出来る脳卒中の再発予防」についてです。

 

 

 

自宅で出来る脳卒中の再発予防と言われて何か思いつくものはありますか?ポイントは自宅で出来るというところです。病院に入院している間は医師、看護師、リハビリ職種、管理栄養士などによって健康面の管理が施されます。しかし、退院され退院されてからの脳卒中の再発予防のための健康管理は自己にて行っていく必要があります。自宅に帰ってから、健康管理が出来なくて脳卒中を再発される方も少なくありません。

 

これから自宅で出来る予防をお伝えしますので、是非実践してみてください!それではスタートします。

 

 

・水を十分に摂る

 

 

脳梗塞の原因の1つとして、脱水があげられます。脱水によって血管の中を通る血液がドロドロしてしまい、血液が固まりやすくなります。この血液が詰まってしまうと脳梗塞となります。

特に高齢者の方はトイレが近くなるからと水分補給を控える方やそもそも喉の渇きを感じずらい方が多いです。時間を決めて水分摂取をする癖をつけて水分を摂る習慣化をつけましょう。

 

 

 

・食事をコントロールする

 

 

脳卒中の予防のためには「食事」がとても大切です。特に食べ過ぎや栄養の偏りは、高血圧、脂質異常症、糖尿病などを助長させ、動脈硬化となるリスクを高めます。脂質や糖分を多く含むものは適度にしましょう。脂っこいものばかりではなく野菜や魚などバランス良く摂取しましょう。

 

 

 

・適度な運動

 

 

運動にも脳卒中の予防には効果的です。運動には沢山の効果があります。筋肉をつけたり、体の循環を良くしたり、ダイエット効果、ストレス解消などがあります。外に出られない時は自宅内でストレッチや階段の昇り降りなどを行ってみるのもオススメです。

 

 

 

・禁煙

 

脳卒中の予防には「禁煙」は必須となります。タバコを習慣的に吸っている人は吸わない人と比べて、血液の中の酸素を十分に運ぶことが難しくなってしまいまます。また、タバコを吸う事で動脈硬化を予防する働きのある善玉コレステロールを減少してしまいます。