一覧

  • HOME
  • 脳卒中発症後、カラダが怠い。むくむ。そんな時に効くツボ。

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳卒中発症後、カラダが怠い。むくむ。そんな時に効くツボ。

 

 

 

 

 

 

カラダが怠い…。むくんでいる…。疲れる…。

 

 

 

 

 

朝晩と日中の温度変化、晴や雨の天候の変化、冷暖房など室内外の変化。

 

 

 

 

 

自律神経が上手く対応できずカラダの不調となってあらわれていませんか?

 

 

 

 

 

そこで自宅ケア!カラダの怠さ疲れを解消するツボをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中発症後のカラダの怠さに効くツボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 湧泉 】

 

 

 

 

 

顔は汗をかくほどのぼせているのに、手足は冷えてつらい。

 

 

 

 

 

冷えのぼせはカラダの中の熱のアンバランスでおこります。

 

 

 

 

 

熱は上に昇りやすく上部にとどまってしまう性質があり

 

 

 

 

 

それにより下半身やカラダの末端まで熱が行き渡らず冷えがおこります。

 

 

 

 

 

水分も溜まるためカラダが重怠く感じます。

 

 

 

 

 

【湧泉】は

 

 

 

 

 

土踏まずのやや上、足の指を曲げた時に、ちょうどくぼむところにあります。

 

 

 

 

 

気力や生命力が泉のように湧くと言われるツボです。

 

 

 

 

 

腎臓の働きをよくするので、体内の水分も調節します。

 

 

 

 

 

また上に昇りこもった熱を下に引き下げ熱のアンバランスを整えます。

 

 

 

 

 

親指の腹で軽く押します。押しながらゆっくりまわすのもいいです。

 

 

 

 

 

青竹ふみもオススメです。足全体の血行が良くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【委中】は

 

 

 

 

 

膝の裏、横シワの中央にあり、足のむくみ解消に効果的です。

 

 

 

 

 

腰や背中の痛みに効くツボでもあります。

 

 

 

 

 

座った姿勢で、中指を押し当て膝を持ち上げるよう刺激します。

 

 

 

 

 

タオルを土踏まずにひっかけて、膝の裏を伸ばすようにストレッチ。

 

 

 

 

 

足全体の循環も良くなり重怠さ冷えも解消されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【四白】は

 

 

 

 

 

頭がぼーっとしてしまうときに効くツボです。

 

 

 

 

 

目から指2本分真下のところ。頬の骨がへこんだところにあります。

 

 

 

 

 

目が疲れた時に非常によく効くツボです。

 

 

 

 

 

鼻の通りもよくなり、顔のむくみも解消されるので、

 

 

 

 

 

ぼーっと重怠い頭もスッキリします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【中脘】は

 

 

 

 

 

胃と非常に密接な関係があるツボです。

 

 

 

 

 

むかつき・膨満感・食欲不振など胃の症状全般に効果があります。

 

 

 

 

 

胃や腸の働きが良くなると水分代謝も活発になるので

 

 

 

 

 

むくみやカラダの重怠さにも効きます。

 

 

 

 

 

カラダの中心線上で、おへそとみぞおちのちょうど真ん中にあります。

 

 

 

 

 

お臍を中心に『の』の字を書くように刺激してもよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボを利用して、カラダの調子を整え、

 

 

 

 

 

重怠さ、むくみを解消し、疲れにくいカラダを目指しましょう!