一覧

  • HOME
  • 脳卒中発症後の『めまい』東洋医学編

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳卒中発症後の『めまい』東洋医学編

 

 

 

 

 

 

リハビリ中、座ったり横になったり姿勢を変えると

 

 

 

 

 

『めまいがする』と言われることがあります。

 

 

 

 

 

血圧が高くて『めまい』をおこす方もいますが、

 

 

 

 

 

低血圧の方でも『めまい』はおこります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中発症後の『めまい』東洋医学編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『めまい』は春の季節に多いと言われています。

 

 

 

 

 

春は風が強くなりますよね。。暖かくなり気も上がってきます。

 

 

 

 

 

東洋医学では人間と自然界は連動していると考えるので、

 

 

 

 

春の風が吹くように、風は人間の中でもおこります。

 

 

 

 

人間の中でおこる風が『めまい』です。

 

 

 

 

 

 

また春の暖かい陽気と同じように人間の中にある気も暖かく上りやすくなり

 

 

 

 

落ち着かなかったり、ふわふわとして足腰がしっかりしなかったり。

 

 

 

 

こんな時は足にあるツボ【太衝】がオススメです。

 

 

 

 

 

足の甲にあるツボで、親指と人差し指の間をさすっていき

 

 

 

 

 

甲が高くなる前の止まるところにあるツボです。

 

 

 

 

足のツボ【太衝】を刺激して頭に上がった気を足元に下ろします。

 

 

 

 

 

気も落ち着き足元のふわふわ感もおさまります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の身体は、体温を一定に保つために絶えず熱を作っています。

 

 

 

 

 

普通は、この熱が自然に発散されるのですが、

 

 

 

 

疲れたり身体が冷えると身体の表面が硬くなり熱が発散できなくなります。

 

 

 

 

 

熱がこもると身体の外へ出ようと暴れだし身体の中で竜巻が起こります。

 

 

 

 

熱は上へ上へ逃げるように、身体の中では頭へ上がります。

 

 

 

 

頭痛・肩こり・耳鳴りといった症状があらわれます。

 

 

 

 

そして身体の中の熱が大きい竜巻になると動けなくなるほどの『めまい』に。

 

 

 

 

 

こんな時は後頭部にある【風池】というツボがオススメです。

 

 

 

 

 

頭を少し上に向いたと時、背骨から上がって指が止まるくぼみと

 

 

 

 

 

耳の下を結んだ中間地点。

 

 

 

 

 

押して痛い方は要注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツボを上手く利用して身体の春風を穏やかに。

 

 

 

 

 

『めまい』を解消しましょう。