一覧

  • HOME
  • 脳梗塞・脳出血発症後の喉の違和感に【舌の筋トレ体操】

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳梗塞・脳出血発症後の喉の違和感に【舌の筋トレ体操】

 

 

 

 

 

 

『飲み込みにくい』『むせやすい』『むせると止まらない』

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血発症後、喉の動きが悪く困っている方に

 

 

 

 

 

『舌の筋トレ体操』をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血発症後の喉の違和感に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 舌の筋トレ体操 】

 

 

 

 

 

①口を開けて舌を上あごに押し付けて10秒キープ

 

 

 

 

 

②口を開けて舌を上あごに押し付けて10秒キープ

 

 

 

 

 

③口を閉じて歯茎をなめるように舌をぐるっと3回転

 

 

 

 

 

④口を閉じて頬を大きく膨らませて5秒キープ

 

 

 

 

 

⑤口を閉じて頬を小さくすぼめて5秒キープ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この【舌の筋トレ体操】は、いびき防止のための体操でもあります。

 

 

 

 

 

いびきは、舌や喉の周りの筋肉が緩むため気道が狭くなり起こります。

 

 

 

 

 

 

体操で筋肉を鍛えることで気道が広くなり、いびき防止につながります。

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血発症後、舌や喉の筋肉が麻痺し動きが悪くなると

 

 

 

 

 

同じように気道が狭くなり、咳き込み・飲み込みが悪いなど症状が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血発症後の喉の動きに効くツボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【舌の筋トレ体操】に喉の動きを助けるツボを刺激するとより効果的です。

 

 

 

 

 

*嚥下困難や舌の知覚や運動麻痺にも効くツボ:廉泉

 

 

 

 

 

頚を軽く後ろへ倒します。

 

 

 

 

 

顎から喉の方へ触ると舌骨があります。その上の窪みがツボです。

 

 

 

 

 

窪みの部分を舌の方に向かって、舌を押し上げるように刺激します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*血圧を下げる効果もあるツボ:人迎

 

 

 

 

 

喉仏から指2本分離れたところ。

 

 

 

 

 

喉仏の両脇。拍動を感じる辺り、太い筋肉の横になります。

 

 

 

 

 

血圧を下げる効果が特に高いツボだと言われています。

 

 

 

 

 

深呼吸をしながら、ゆっくり頚の中心に向けて押します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*咳やたんが出るときに効くツボ:天突

 

 

 

 

 

左右の鎖骨の真ん中にあるツボです。

 

 

 

 

 

 

人差し指で軽く下方向へ、口で息を吐きながら押します。

 

 

 

 

 

 

喉に向かって押すと気道が圧迫されて苦しいので気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋トレ体操をしたりツボを押したり、たくさんの刺激を脳に伝えて

 

 

 

 

喉の違和感を解消していきましょう。