一覧

  • HOME
  • 脳梗塞・脳出血発症後、頭の重さにビックリ!手のツボで首の痛みを解消!!

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳梗塞・脳出血発症後、頭の重さにビックリ!手のツボで首の痛みを解消!!

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血など病気を発症してから

 

 

 

 

 

『頭が重い』『首が痛い怠い』『肩が凝る痛い』

 

 

 

 

 

今まで感じたことがなかった頭の重さに悩まされている方が

 

 

 

 

 

数多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の頭はどのくらい重たいのか知ってますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の重さは人間の体重の10%と言われています。

 

 

 

 

 

60㎏の体重なら頭の重さは約6㎏です!

 

 

 

 

 

2Lのペットボトル3本。かなりの重量ですね。

 

 

 

 

 

これを細い首で支えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体が床面に対して垂直に立っていれば(座っていれば)支えるのは容易です。

 

 

 

 

 

しかし、体が前かがみになったり、横に倒れたり…。

 

 

 

 

 

さらに片麻痺で上手く力が入らず首が動かせないと頭は6㎏以上に

 

 

 

 

 

ものすごく重たく感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで。首の痛み重怠さを解消できる手のツボをお伝えします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血後の首の痛み重怠さに効くツボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血発症後、首が痛くて動かせないときに効くツボ

 

 

 

 

 

【 落沈 】

 

 

 

 

 

麻痺で首が上手く動かせない。力が入りすぎて肩がこり首が痛く動かせない。

 

 

 

 

 

そんな時に役立つツボです。

 

 

 

 

 

寝違いの特攻穴でもあります。

 

 

 

 

 

 

手の甲側にあります。人差し指と中指の付け根から親指の幅分くらい

 

 

 

 

 

手首側に入ったところにあるくぼみ。骨と骨のつきあたりのところです。

 

 

 

 

 

親指の先で押します。親指と人差し指で手をはさむようにツボをつまみ

 

 

 

 

 

親指と人差し指をすり合わせるように刺激してもいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血後、首を横に上手く動かせないときに効くツボ

 

 

 

 

 

【 四瀆 】

 

 

 

 

 

手の甲側にあります。手首と肘のしわを結んだ中間で腕の2本の骨の間です。

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血後、首の横から後ろにかけての違和感に良く効きます。

 

 

 

 

 

 

『瀆』は水路を表します。四瀆とは中国の四大水路のこと。

 

 

 

 

 

体の中の主要な流れ。広く気が注がれる通路を意味します。

 

 

 

 

 

親指をツボにあて腕をつかむようにして、じわっと押します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血後、首から腕までの筋肉をゆるめるツボ

 

 

 

 

 

【 後渓 】

 

 

 

 

 

手を軽く握ったときにできるシワの外側。

 

 

 

 

 

小指の側面を手首に向かってなぞると出っ張った骨にあたります。

 

 

 

 

 

その骨の下のくぼんだところです。

 

 

 

 

 

痛みや筋肉のつっぱりで肩首が動かせない時にも効果的です。

 

 

 

 

 

反対側の親指で小指の方に少し押し上げるように押します。

 

 

 

 

 

机の角にツボを押しあて手を上下左右に揺らしてもいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血後、首の痛みや怠さに効くツボ

 

 

 

 

 

 

【 手三里 】

 

 

 

 

 

肘を曲げたときにできるシワの外側から手に向かって指3本分のところ。

 

 

 

 

 

腕が怠い、手首や指の動きが悪い、痛みがある時にも効果的です。

 

 

 

 

 

反対側の手で腕を持ち親指でツボを押さえ、手のひらを表裏返すように

 

 

 

 

 

回すと簡単に刺激することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

首がつらいけど腕を上げることが出来ずが首に手が届かない。

 

 

 

 

 

そんな時に手のツボは、とても便利で効果を発揮します。

 

 

 

 

 

是非、試してみてくださいね。