一覧

  • HOME
  • 脳を健康に保つ方法

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳を健康に保つ方法

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けしていきます。今日のテーマ「脳を健康に保つ方法」についてです。脳は何もしないと加齢に伴って萎縮していくと言われています。今回は脳を健康的に保つにはどうすれば良いのかを紹介していきます。

 

 

加齢に伴う脳の変化

 

脳の重さは、成人で約1300グラムと言われています。90歳になると60歳の時に比べて約7%程度軽くなるとも言われています。萎縮の早さや程度は個人差によるところが大きく、また脳の部位によっても差がみられます。特に前頭葉や側頭葉は、前頭葉の前方や後頭葉に比べて、加齢に伴う萎縮が目立つ部分であるといわれています。

 

 

脳萎縮防ぐ脳の健康方法

 

 

・運動

 

 


米神経科学雑誌「Neurology(ニューロロジ-)」に発表された研究結果によると、積極的に運動をしている高齢者は認知力テストの成績が良く、脳年齢は実年齢よりおよそ10歳若いことが分かった。この理由は詳しくは解明されていないが、運動によって血行が促進されることに関連しているとみられる。

 

 

・食事

 

食事が脳の神経細胞を作ると言われています。バランスの良い食事が良いとされ、炭水化物、タンパク質、脂肪。これらは、脳にとって重要な栄養素と言われています。

 

 

・睡眠

 

 

睡眠が十分に取れていないと注意力や認知力が低下すると言われている。脳の健康維持には7時間以上の睡眠時間を確保した方が良いとされている。

 

 

 

結局、運動・食事・睡眠が大切という事ですね!身体に良い事は脳にもいい事がわかれば意識しないわけにはいかないですよね。僕は食事のバランスが崩れやすいのでまずはそこから意識していこと思います!