一覧

  • HOME
  • 脳の仕組みを理解してリハビリ効果アップ!

リハビリについて

リハビリについて

脳の仕組みを理解してリハビリ効果アップ!

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けしていきます。今日のテーマは「脳とリハビリ」についてです。

 

 

 

皆さんリハビリしてますかー?

 

 

 

リハビリの先生から「家では〇〇の運動を最低でも3セットやって下さいね!」と言われても中々、家に帰るとやれない事ありますよね。

 

 

 

やらないとは思っていてもやれないのには、実は私たちの「脳」が関係しているんです!

 

 

 

 

つまり、脳をやる気にさせる事が出来れば、リハビリの集中力アップ!モチベーションアップ!する事も可能なのです。

 

 

 

 

 

その為には、まず「脳」について勉強していきましょう!それでは、脳の特徴を紹介していきます!

 

 

 

 

脳の特徴には何がある?

 

 

 

・言葉に左右される

 

 

人間の脳は言葉によってその後の行動が大きく変わると言われています。例えば、運動嫌いな人がダイエットをする場合は、運動に対してマイナスな感情や発言をしたくなりますよね。

 

 

でも、ここで注意したいのは、人の脳は言葉に左右される為、マイナス発言を繰り返していると、脳はその行動は身体に害な物と判断してしまいやる気が入らなくなってしまうそうです。

 

ですから、「あー、リハビリやりたくないけどやるか」よりも「リハビリして良くなるぞ!」って言葉を変えた方がやる気スイッチが入ってきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・体の動きに左右される

 

 

脳は体の動きによっても感情が変わってくると言われています。例えば、仕事に向かう電車でため息をついている人がどんな体の動きをしているか想像できますか?

 

おそらく多くの人が、下を向いて、体は丸くなり、ため息をついている姿を想像したのではないでしょうか?

 

 

 

では、反対に毎日、仕事に行くのが楽しくてたまらない人はどんな体の動きが想像できますか?

 

 

背筋がピンと伸びて、体が大きく見えるのではないでしょうか。

 

 

実際に脳は背筋を伸ばすだけでプラスの感情が働くといわれています。ですから、リハビリ前には背筋を起こしてから行う方が脳にとっては良い効果が生まれるのです。背筋を伸ばして行えない運動の時でも、運動前に「良くなる為にリハビリ頑張るぞ!」と言いながら背筋を伸ばすだけでも効果が高まります。

 

 

 

 

 

・習慣に左右される

 

 

人間の脳は習慣に左右されます。皆さんは朝起きたら一番初めに何をしますか?

 

 

コンタクト付ける、洗顔、歯磨きなど人によって様々ですよね。でも、これらは意識してやっている人は少ないのではないでしょうか。朝起きたらする行動は習慣化しているのです。

 

 

 

これは、他の動作でも同様に習慣化してしまえば、苦手な事でもスムーズに行う事が出来ます。

 

 

例えば、朝起きて水を一杯飲んだら、散歩に行く。などこれをやったらこれをする。とあらかじめ決めておきましょう。ポイントは場所を決めておくとより習慣化しやすくなります。これをアンカリングと言います。

 

 

普段やっていない事を行うためには、今までやってる行動にプラスして行うようにしておく事で習慣化しやすくなります。リハビリも習慣化して行っていきましょう。