一覧

  • HOME
  • 脳の働き② ~空気を読む「ミラーニューロン」とは~

脳の働きを知る

脳の働きを知る

脳の働き② ~空気を読む「ミラーニューロン」とは~

仕事や日常生活で他人とのコミュニケーションの中に

 

 

「空気を読む」

 

 

という表現がありますよね。

 

 

 

 

 

その場の雰囲気を言葉での表現がなくても察することができる

 

 

 

 

というような意味合いかと思いますが、

 

逆に空気を読めないことをKYといい、

 

非常に流行りましたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は「この空気を読む」ときに

 

脳でどう処理されるのか解明されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

ミラーニューロン

 

 

という神経細胞が働いているんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミラーニューロンとは

 

 

 

 

ミラーニューロンとは自ら行動する時と、他人が行動するのを見ている時の

 

両方で活動電位を発生させる神経細胞のことをいいます。

 

 

他人の行動を見て、まるで鏡を見ているかのような反応を示すことから

 

ミラーニューロンと呼ばれています。

 

 

「ものまね細胞」なんていう風に言われたりもします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミラーニューロンの機能

 

 

 

 

 

 

 

1.共感

 

 

 

 

他人の動作を見ることでその動作を自分のことのように感じさせてくれます。

 

 

 

他人の感情を読み取り、

 

自分が同じように感じたと疑似的に共感するのです。

 

 

 

逆も同じで、自分の動作からも相手に感情が共感されます。

 

 

また、他人のその動作に関する意図を理解することも

 

ミラーニューロンが働いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.模倣

 

 

 

 

 

 

乳児の成長過程で、母親が笑いかけると赤ちゃんも笑い返します。

 

 

そうした中で自分と他人の相互関係や理解を深めていけるのです。

 

 

多感で様々な情動体験が乳幼児の成長過程の中では重要となるため、

 

 

ミラーニューロンの働きはとても重要な位置づけになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.言語

 

 

 

 

 

ミラーニューロンは脳の中の言語を司る場所の近くにあります。

 

 

そのため、言語の獲得や理解にも関与しているといわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

ミラーニューロンとは私たちが生活する上で

 

良好な人間関係を形成するために重要なものということですね。

 

 

 

「他人の気持ちを理解する」

 

 

 

なんて良く言ったりしますが、

 

ミラーニューロンが上手く作動していると

 

きっと思いやりのある関係性が築いていけるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳の働きシリーズ

 

 

やる気スイッチを入れる「側坐核」