一覧

  • HOME
  • 朝活で脳の機能を高めよう!

リハビリについて

リハビリについて

朝活で脳の機能を高めよう!

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中や健康に関する情報をお届けしていきます。今日のテーマは「朝活」についてです。
皆さんは朝活って言葉をご存知ですか?

朝活とは文字通り「朝に活動する」という意味であり、仕事や学校に行く前に何かしらの活動を行うことを指す用語です。

 

 

 

 

朝活は私たち人間にさまざまなメリットをもたらす効果があります。朝早くに起き、活動することで人間的にも成長できますので、興味がある方はぜひ実践してみましょう。

 

 

私達は仕事や学校に一日の大半を奪われてしまいます。そのため、趣味や勉強したいことがあっても仕事終わりで疲れてしまっていると中々、はかどらない。そんな経験はありませんか。

そんな時に今日のテーマである「朝活」を行うんです。朝活動するのは、眠たいし自分には無理だと思われている方も多いかもしれません。でも、朝活の効果を知ることで朝が苦手な方もチャレンジしてみようと思うかもしれません。朝活の効果を3つ紹介していきます。

 

 

 

 

①生活リズムが整う
朝活をする事で1日の生活リズムが整います。人間は日光を浴びてから15時間後に眠くなるホルモンが分泌されます。ですから、毎日バラバラに起きてしまうと生活リズムが崩れ睡眠の質が下がってしまうのです。朝起きたらまずカーテンを開けて太陽の光を浴びましょう!ここで1つポイントなのは、休日も同じ時間にう起きる事が重要です!多くの方は休日に寝溜めしてしまう事で生活リズムを崩してしまいます。

 

 

②自律神経が整う
自律神経とは自分ではコントロールできないもので身体を健康に維持するためには必要不可欠なものです。早起きをして朝日を浴びることでストレスを緩和してくれ、自律神経を整えられるのです。自律神経が乱れると身体に様々な不調が起こります。

 

 

③朝食をゆっくり食べる事が出来る
朝食を食べない人の理由の多くは「朝時間がない」という事があります。朝しっかりとご飯を食べる事で脳に必要なエネルギーのブドウ糖を摂取する事が出来ます。脳に十分なエネルギーがあるだけで普段の仕事も効率的に行う事が出来ます。

 

 

④集中力が高まる
朝起きてからの3時間は脳のゴールデンタイムと言われています。朝起きてからの時間を有効利用することによって集中力が高まり作業効率や記憶力も向上します。

 

 

人間にとって唯一平等なもの、それが「時間」です。誰にとっても一日は24時間と決められています。その限られた資源をどれだけ有効に活用するか?   それとも今まで通りに過ごしていくかで生活が変わってきます。朝の時間を有効利用してみてはいかがですか?