一覧

  • HOME
  • 今後の医療・介護問題

リハビリについて

リハビリについて

今後の医療・介護問題

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けしていきます。今回のテーマは「医療・介護問題」についてです。「介護」はまだ自分には関係ないと思っている方も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。人生100年時代と言われ、平均寿命は伸び続けて、健康寿命は横ばいになっていて、介護が必要な方も増加し続けています。今回はそんな介護問題を他人事とは思わずに考えてみましょう。

 

 

 

介護における「悩み」

 

 

 

 

介護の悩み(ストレス)

 

 

介護をされている7割以上の方が介護に対してストレスを抱ええていると言われています。介護者の悩みや原因は、「家族の病気や介護」についてが一番です。次いで「自分の病気や介護」となっています。介護者にとっては介護=ストレスと感じている人が多いということです。その介護の中でも不安になる要因は「認知症の対応」や「外出時の送迎」「夜間の排泄」などが特に不安に感じるポイントとの事でした。

 

 

 

 

介護の悩み(時間)

 

 

1日の中の介護をする時間は、介護度によって時間が変わってきます。要支援の介護時間は、半日以下が多く、要介護3以上の介護時間は、半日以上、ほとんど終日が大半を占めるようになります。要介護4以上になると2人に1人が付きっきりの介護をしている事になります。

 

 

 

 

 

介護の悩み(孤立)

 

 

介護者の方の方の多くは、介護で手一杯で、親族や近所の方とも疎遠となり孤立してしまう方がとても多いです。人と関わる時間が短くなってしまうと余計に人に頼れなくなり、一人で介護を抱え込んでしまいます。

 

 

 

 

介護の悩み(経済的な負担)

 

 

介護保険を利用しても、介護は紙おむつや防水シーツ、食品など費用が増します。

訪問介護などの介護サービスを介護保険の支給限度額内に収めたとしても、在宅介護には、紙おむつや防水シーツ、介護食品などの介護用品に費用がかかります。介護離職をする方も少なくないため、貯蓄や要介護者の年金に頼ることになり、経済的な不安を抱える事になります。

 

 

 

介護疲れの対処法

 

 

一人で介護を頑張りすぎない

 

自分の1日の時間を全て介護に費やさないようにしましょう。デイサービスやショートステイなどを利用して自分の時間が作れる際は、自分の好きな事やリラックス出来る事をしてみましょう。また、介護をしている仲間を見つけて話をするのもストレス発散になります。最近では「介護家族の会」なども増えてきています。