一覧

  • HOME
  • 脳卒中後遺症による口の動きに効くツボ

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳卒中後遺症による口の動きに効くツボ

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中の後遺症として口の動きをうったえる方が多くいます。

 

 

 

 

 

・口角が下がる。

 

 

 

 

 

・口をすぼめることができない。

 

 

 

 

 

・知らないうちに口角からよだれが垂れる。

 

 

 

 

 

・唇がしびれている。感覚がない。

 

 

 

 

 

顔には、たくさんのツボがあります。

 

 

 

 

 

ツボを利用して口を動かす筋肉に刺激を入れていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後遺症による口の動きに効くツボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 迎香 】

 

 

 

 

 

鼻の両脇、小鼻の開いた根もとのすぐ横。

 

 

 

 

 

親指と人差し指で鼻をつまむときに触れる小さなくぼみにあります。

 

 

 

 

 

上唇と小鼻を引き上げる動きに効果があるツボです。

 

 

 

 

 

また、鼻水、鼻づまりのツボとしても知られています。

 

 

 

 

 

『香りを迎える』という名が付いてるように

 

 

 

 

 

臭いの分からない臭覚異常にも用いられます。

 

 

 

 

押すときは、両脇から鼻を挟むように。

 

 

 

 

 

3秒ほどかけて、じわっと押してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 地倉 】

 

 

 

 

 

 

口角(唇の端)から少し外側にあります。

 

 

 

 

 

鼻唇溝(小鼻から口の横にかけてある皴)の中間にとります。

 

 

 

 

 

口を閉じる、口を前に突き出す動きに効果があります。

 

 

 

 

 

胃の働きのバロメーターでもあり、胃の調子が悪いと

 

 

 

 

 

口角炎などが出来やすくなるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 顴髎(けんりょう) 】

 

 

 

 

 

口角(唇の端)を外上方に引き上げる動きに効果があります。

 

 

 

 

 

目じりの外端から真下に下ろした線と、鼻の下端の水平線が交わるところ

 

 

 

 

 

指で下から押し上げるように押すと響くところです。

 

 

 

 

 

血液循環がよくなり、老廃物の排出も促します。

 

 

 

 

 

顔の血行が良くなり、むくみもとれ顔のこわばり解消するツボです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 下関 】

 

 

 

 

 

上唇を上に上げる、口角(唇の端)を外上方に上げる、

 

 

 

 

 

唇を前に突き出す動きに効果があります。

 

 

 

 

 

耳の穴の指4本分前。頬骨の下のへりにそって指を前にすすめ、

 

 

 

 

 

もみあげの少し前の窪みにあるツボです。

 

 

 

 

 

両頬の耳の前で口を開けると窪みが出来るところです。

 

 

 

 

 

押すとズーンと響きます。

 

 

 

 

 

歯の痛みや耳鳴り、顎関節症にも効果があるツボです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 大迎 】

 

 

 

 

口角(唇の端)を下げる、下唇を下げる、

 

 

 

 

 

下唇を前に突き出す動きに効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

歯を食いしばった状態で指を耳の下から下顎のへりにそって先端に進めていき

 

 

 

 

 

筋肉の盛り上がりをこえた骨の窪みにあります。

 

 

 

 

 

口の痙攣、舌のこわばりにも効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 頬車 】

 

 

 

 

えくぼを作る、口を閉じる、唇を前に突き出す、

 

 

 

 

 

口角(唇の端)を下に下げる動きに効果があります。

 

 

 

 

下あごの角の斜め上方、口を閉じてかむと筋肉が盛り上がり

 

 

 

 

 

力を抜くと窪むところです。

 

 

 

 

顔の浮腫みにも効果があるツボです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鏡を見ながら「あいうえお」左右が同じ動きになるように

 

 

 

 

 

指で口の動きをサポートしたり、

 

 

 

 

 

口を閉じて、舌で口周りにそって大きな円を描いたりするのも

 

 

 

 

 

口の動きにはとても良いです。

 

 

 

 

 

毎日の積み重ねで徐々に動きも良くなっていきます。

 

 

 

 

 

試してみてくださいね。