一覧

  • HOME
  • 運動中に集中力がすぐ切れる原因は○○にあった

リハビリについて

リハビリについて

運動中に集中力がすぐ切れる原因は○○にあった

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けしていきます。今回のテーマは「集中力が切れる原因」についてお伝えしていきます。リハビリや運動をしている時になかなか集中力が続かないと悩んだことはありませんか。今回のブログを最後まで見て頂ければ、今まで集中が続かなかった原因が明らかになり、今までより遥かに集中力を持続させる事が出来ます。

 

 

 

 

① 身体が疲れている

 

 

質の高い運動を継続すには、体力が必要になります。睡眠不足や栄養不足によって身体が疲れていると思うように体を動かすことが出来ずに集中力の維持が難しくなります。これを改善させるためには、十分な休息や気分転換が効果的です。自分がリラックスできる環境を作ることも重要です。

 

 

 

 

 

② 長時間、同じ運動を行っている

 

 

同じ運動を繰り返していると脳は飽きてきます。特に頭を使わない運動は飽きやすく、集中力が低下します。脳が飽きてきたなと思ったら、別の運動に切り替えるタイミングです。また、一度もやったことない運動は脳に良い刺激を与えるためオススメです。

 

 

 

 

 

 

③ 運動の目的・効果が理解できていない

 

今やっている運動がどのような目的や効果が理解できていないのと集中力が低下します。例えば、下肢筋力訓練を行う場合でも、この筋肉は歩きの特に支える際に必要な筋肉を鍛えている。この筋肉がつくことで歩きがスムーズに歩けるようになる。このように、運動の目的・効果を理解して運動する事が集中力を高める事にも繫がっていくのです。運動の目的や効果が分からない場合は、担当の療法士や医師に尋ねてみましょう。

 

 

 

今回は、運動中に「集中力が切れる原因」についてお伝えしてきました。この原因に一つでも当てはまった方は一つでもいいので改善してみてください。今まで行ってきた運動の効果を高める事が出来ると思います。何事も毎日、コツコツ続けることが大切なので集中力を高めて頑張っていきましょう!