一覧

  • HOME
  • 笑顔と脳の関係性

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

笑顔と脳の関係性

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けしていきます。今日のテーマは「笑顔と脳の関係性」についてです。

 

 

皆さん最近笑っていますか?毎日のリハビリや仕事など考える事が多いと自分に余裕が持てずに笑顔とは程遠い顔になっているのかもしれません。笑

 

「笑顔」は健康にも良いとよく聞きます。実際に笑顔が素敵な人は健康的な人が多い気がします。

 

笑顔は私達の生活にどのような良い効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

 

 

笑顔は脳にどのような影響を与えるのか?

 

笑顔効果には以下のものがあります。それぞれ解説していきます。

 

☑️ ストレス解消効果

 

☑️ 免疫機能を高める

 

☑️ 血行促進効果

 

☑️ 自律神経を調整する

 

☑️ 鎮静作用

 

☑️ 記憶力アップ

 

☑ 動脈硬化予防

 

 

 

 

 

ストレス解消効果

 

笑顔には、ドーパミン、アドレナリン、コルチゾールなど快楽に関するホルモンが分泌されてストレス解消効果があります。

 

 

 

 

免疫機能を高める

 

笑う事でナチュラルキラー細胞が増殖します。このナチュラルキラー細胞が癌細胞やウィルスに対する抵抗力を高めると言われています。

 

 

 

 

血行促進効果

 

笑顔には血の巡りが良くなり、新陳代謝が活発になります。

 

 

 

 

自律神経を調整する

 

現代人の多くが効果神経が優位になっている方が多く、自律神経が乱れている方も多く見られます。笑顔には副交感神経を優位にする働きがあるので、効果神経が過活動になった自律神経を調整する効果があります。

 

 

 

 

鎮静作用

 

笑顔にはエンドルフィンという脳内ホルモンがを分泌させる働きがあります。その効果はモルヒネの数倍とも言われています。

 

 

 

 

 

記憶力アップ

 

笑顔には血流促進効果があります。これは、脳への血液量も増やすことにつながり、記憶力を高めます。

 

 

 

 

脳卒中・動脈硬化予防

 

脳卒中・動脈硬化を予防する可能性があることが示されています。笑わない人とほぼ毎日笑う人を比べると、笑わない人が脳卒中を有する割合が1.5倍以上も高かったようです。