一覧

  • HOME
  • リハビリ後に身体が動かしやすくなる理由とは?

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

リハビリ後に身体が動かしやすくなる理由とは?

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けしていきます。今日はリハビリについてお話していこうと思います。当ステーションでのリハビリをした後に身体が軽くなったり、力が入りやすくなった、歩きやすくなったと多くのご利用者様に言って頂いております。でもなんでリハビリをすると身体が動かしやすくなるの?と疑問を抱く方も多いのではないでしょうか?今日はそのリハビリ効果の謎について簡単に説明していきます。

 

 

 

 

リハビリで身体が動かしやすくなる理由

 

 

 

例えば、脳卒中の方であれば麻痺してる側は使いづらくなってしまいます。その為、歩く場面や手を動かす場面でも動かしやすい方を使用します。また、筋肉も同様に力の入れやすい部位に過剰に力が入ってしまいます。日常的に使用する筋肉とほとんど使用していない筋肉で分けられてしまう事で、使わない筋肉は痩せて、十分な力を発揮する事が出来なくなります。つまり、一見歩けている方も麻痺側は使えていないケースも少なくありません。

 

 

ここでリハビリでは、このバランスを調整していきます。

 

使い過ぎていて短くなってる筋肉はストレッチで筋肉の柔軟性を高めます。ストレッチにも様々な手法があるため、その方に最も効果が高いものを提供していきます。

 

 

筋肉が痩せてほとんど使えていない場合は、まず、その筋肉が使えていない原因を評価します。時には、セラピストの手で筋肉を刺激したり、バイブレーション(振動刺激)などを用いて使えていなかった筋肉に力が入るようにトレーニングを行います。

 

 

筋肉に力が入るようになってきたら、歩きなどの動作の場面でその筋肉が適切に使えるように学習していきます。はじめは低次なものから徐々に難易度を調整していきます。これらを反復して脳と身体が記憶する事で、それまで使えていなかった筋肉にも力が入るようになるため動作時の身体の動かしやすさに繋がっていきます。