一覧

  • HOME
  • これからの季節のインフルエンザ予防!

健康づくりのために

健康づくりのために

これからの季節のインフルエンザ予防!

皆さんおはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けして参ります。今回のテーマは「冬のインフルエンザ」についてです。インフルエンザは、インフルエンザは11月ごろから流行り始め、ピークは12~3月ごろと言われています。インフルエンザのシーズンはまだ過ぎ去っていないと思いますので、今一度インフルエンザに関する知識を復習してインフルエンザの予防に努めていきましょう!

 

 

 

 

 

インフルエンザとは?

 

 

先ほども前述した通り、インフルエンザは、インフルエンザウィルスを病原体とする急性の呼吸器感染症で、毎年これからの時期に猛威を振るってきます。通常は4月になると終息に向かいますが、最近では、春先まで感染が続くこともあるそうです。潜伏期間は1~3日、発熱が2~3日持続し、1週間ほどで回復します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザと普通の風邪では何が違う?

 

 

 

インフルエンザと風邪の違いを、知っていますか?普通の風邪もウィルス感染によって引き起こされます。普通の風邪とインフルエンザの大きな違いは2つあります。まず、1つ目の違いは感染力の高さです。インフルエンザは他の風邪と比較して感染力がとても高いため、1人が感染すると忽ち、感染が広がっていきます。2つ目の違いは、普通の風邪は発熱や鼻水など局所的な症状が一般的ですが、インフルエンザの場合は全身症状があるのが特徴です。次にインフルエンザの症状について説明していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの症状

 

 

 

インフルエンザには以下の特徴的な症状があります。

 

【インフルエンザの症状】

 

・発病は急激

 

・38度以上の高熱

 

・強い咳

 

・頭痛

 

・関節の痛み

 

・倦怠感

 

全身症状と同時、または少し遅れて、鼻やのどなど呼吸器症状がでることもあります。インフルエンザは、とくに子どもや高齢者は重症化しやすいので注意。幼児はまれに急性脳症を、高齢者は肺炎などを併発して入院する人もいます。

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの予防

 

インフルエンザを予防するには「乾燥対策」が重要です。ウィルスは、乾燥した部屋ではウイルスは軽くなり、私たちの身の回りを浮遊しはじめるのです。つまり、感染しやすくなるということです。乾燥対策では以下のことを気を付けましょう!

 

 

室内の湿度調節

 

室内の湿度は50~60%を保つのがおすすめです。湿度が40%を下回ると、ウイルスが浮遊しやすくなります。乾燥対策で簡易的なものとして濡れタオルをかけておくだけでも効果的です。加湿器をつけて湿度を保つのもお勧めです。