一覧

  • HOME
  • 脳卒中後もみられる自律神経失調症とは?

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳卒中後もみられる自律神経失調症とは?

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより、脳卒中や健康に関する情報をお届けして行きます。今日のテーマは「自律神経失調症」についてです。皆さんも自律神経失調症という名前を一度は耳にした事があるのではないでしょうか。テレビでも自律神経というキーワードはよく耳にします。それほど、現代人にとって身近な症状なのです。自律神経失調症を知る前にそもそも自律神経とは何なのでしょうか。

 

 

 

 

 

自律神経とは?

 

 

自律神経は自分の意志で動かす事が出来ない部分をコントロールしています。例えば、心臓、肺、胃腸の動きは自分の意志ではコントロールする事は出来ないですよね。このように生命を維持するために重要な働きをしているのが自律神経です。自律神経は寝ている間も絶えずことなく働き続けます。寝ている間に心臓や呼吸は動き続け、体温調節も自動で行われています。自律神経は、私たちの身体にとても重要な働きをしている事はわかっていただけましたね。では、この自律神経のバランスが乱れるとどのような身体の不調が現れるのでしょうか。

 

 

 

 

脳卒中でも自律神経のバランスが崩れる

 

 

 

自律神経のバランスが乱れ、様々な症状が出てくる事を自律神経失調症と言います。自律神経失調症の症状は、人によって様々です。また、脳に障害がある方も自律神経が乱れる事があるそうです。自律神経失調症の症状には何があるの?

 

 

自律神経失調症の症状

 

 

 

・頭痛

 

・息切れ、動悸

 

・吐き気、嘔吐

 

・便秘、下痢

 

・食欲不振

 

・不安感、恐怖心

 

・イライラする

 

 

 

自律神経失調症の症状をいくつか挙げましたが、これらは自律神経失調症の症状のほんの一部です。これらの症状が単独あるいは複数重なり合って現れるのが、自律神経失調症です。

 

 

 

 

自律神経失調症の原因

 

 

・生活習慣の乱れ

 

・ストレス

 

・食生活

 

・ホルモンの乱れ

 

 

 

 

 

 

ストレスの中でも精神的なストレスが自律神経に影響を及ぼします。病前の性格も影響してくる為、原因となる因子も個別差があります。

 

 

 

今回は、自律神経失調症についてお伝えしてきました。実際にこれらの症状に思い当たる節がある方は早めに医師の受診を受けられる事をオススメします。