一覧

  • HOME
  • 利用者様インタビュー

利用者さんの声

利用者さんの声

利用者様インタビュー

ケンリハでは脳梗塞などの後遺症に悩まれている方に数多くご利用頂いております。

 

今回は60日間回復基本プログラム(週2回コース)をご利用中の方にインタビューしました。

 

 

 

氏名 趙様
性別 男性
疾患 脳梗塞
症状 左片麻痺、感覚障害、構音障害
発症からの期間 1~2年
利用プログラム 60日間回復基本プログラム(週2コース)
お住まい 愛知県内
交通手段 車または電車

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

<ケンリハに来たきっかけは何ですか>

 

今回の脳梗塞を発症して回復期の病院でリハビリをしていましたが、退院になってしまいました。

でもその後もリハビリを続けたいと思っていたところ、別の病院の方からケンリハ脳卒中回復ステーションを紹介してもらいました。

それから一度体験コースを受けてみて、ここでリハビリをしていきたいなと思ったのが最初のキッカケですね。

 

 

 

 

 

 

<体験コースを受けたときの感想を教えて下さい>

 

入院中はリハビリの時間は長かったのですが、これでいいのかな、これで回復するのかな、という物足りなさがあり、心配しながらリハビリを続けていました。

でもケンリハでのリハビリでは何だか希望が見えたというか、例えば筋肉を触られた時の感触が、素人でもこれははっきり分かって触ってるんだなと分かりました。

自分の身体ですからそれはすごく感じましたね。

 

 

 

 

 

 

<16回コースを受けてみようと思った理由は何ですか>

 

自分はまだ若いですし、もっと回復して色んなことが出来るようになるんじゃないかという思いがありました。

でも、このまま何もしない状況ではいけないと思い、体験を受けてみて感触が良かったので受けてみようとなりました。

一緒に来ていた妻も後押ししてくれました。

 

 

 

 

 

 

<リハビリによってどんな後遺症を改善したいですか>

 

入院していた時のリハビリの先生やお医者さんからは「今でもすごいことだよ」と言ってもらえたんですけど、自分としては満足できなくて。

歩きとしてもなかなかキレイに歩けなくて、常に不安な中での歩きでした。

仕事もありますし、何とかもっときれいに安心して歩けるようにしたかったです。

 

 

 

 

 

 

<ケンリハでのリハビリはどうでしたか>

 

今まで動かせなかった筋肉が動かす感覚がわかってきました。

やれなかったことがやれるようになることは、精神的に落ち着く感じがありましたね。

身体のことで不安もありましたし、これからのことが心配でしたので、ケンリハでリハビリをやれたことで気持ちの面でも良かったなと思ってます。

歩きは本当に難しくて、どうしても力が入ってしまって。でも力を入れ過ぎだと言われるまでは気が付きませんでした。

今までは力づくで足を出してたんですけど、体重移動のリハビリとか、力を入れ過ぎないで足を上げるリハビリなんかをやってきたおかげで、今はそんなに力を入れなくても足が前に出るようになりました

先生に言われてきたことを真似してみたり、思い出しながら歩くと、時々、自分でもビックリするくらい軽く前に出るんですよ。周りの人も何だか前より全然良くなったよと自分が感じている以上にビックリしてくれることもあるんです。

妻も入院していたときのリハビリやデイサービスでのリハビリと比べても、ケンリハでのリハビリがあなたには一番合ってるねと言ってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ケンリハでの鍼灸はどうだったか>

 

鍼灸自体はこれまでにもたくさん経験がありますが、身体がしっかり柔らかくなるのが感じました。

鍼灸を受けてそのままリハビリが出来るのが良かったですね。

顔は今でもまだ前の顔とは違うんですね。なかなか普通に笑う表情ができていないというか。

それでケンリハでは毎回顔にも鍼をやってもらいまして、今は顔の動きとか表情の違和感がだいぶとれて鏡を見て表情をつくることが出来るようになりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ケンリハで指導された自主訓練はどうでしたか>

 

最初の方は指導してもらっても、なかなか家では出来ませんでした。仕事もありますし、一週間に2回ケンリハに来るので、あっという間に日にちが過ぎてしまいまして。

でも後半からは「やれば出来るんだ」という感じが掴めてきて、それからは「もっと出来るんじゃないか」って欲も出てきて

それで毎日やれるようになりましたね。

家にいるときに少しずつ時間を見つけたり、仕事の合間でも会社で少しだけでも手足の運動をやったり。

色々な運動だったり手足を動かすためのコツだったりを教えてもらったので。

お風呂に入る前なんかは結構やったりしましたよ。

例えば、片足立ちなんかも最初はどんな意味があるんだろうと思っていました。最初は1~2秒しか出来なかったので。

ですけど、ケンリハでのリハビリで、どうやってバランスを取るのかとかどうやって重心をコントロールするのかなどを先生に教えてもらってからは、それを頭で考えてみたり、身体を動かすときに意識するようになってきました。

そうすると少しずつ出来るようになってきて、それが嬉しくて

やるのが面白いって感じるくらいでした。

全然できなかったのに、今では30秒を目標にやってるんですからね。

今日は30秒できたので本当に嬉しかったですね。

いま考えると、それが歩きにも繋がってきたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ケンリハのスタッフの対応はどうでしたか>

 

変に堅苦しくなく、話しやすい雰囲気の中でリハビリができたと思います。

リハビリをやるのが楽しいと思えたので、毎回来るのが楽しみでした。

 

 

 

 

 

 

<今後の目標は何ですか>

 

せっかくここまでリハビリをやってきたので、まずは教わったことをしっかりものにしたいですね。

少し前に海外旅行にも行きましたが、まだまだ外の世界を見たいと思っています。

歩くことに自信をつけてもっともっと積極的に外に出たいと思えるようになりたいです。

 

 

 

 

 

 

<同じように脳卒中の後遺症で悩んでいる方へメッセージ>

 

思うように体が動かない事は精神的にも気持ちの面でも落ち込みますし、すべてのことを苦痛に感じてしまいます。

なのでリハビリをすることで体を動かす感覚を思い出すことが出来て、気持ちとしても前向きな気持ちになれました。

それにリハビリをやることによって、少しずつでも改善していくことが嬉しいと感じられます。

病院では日数制限やリハビリできる時間が限られてしまうから、ケンリハではそういったことは気にする必要はありませんし、

先生方も一生懸命にリハビリしてくれるので、希望を持ってリハビリに頑張って欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

快くインタビュー引き受け、貴重なご意見をお聞かせくださり、心より感謝して申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このブログを読んで興味を持って頂いた方

 

気にはなっていたが一歩踏み出す勇気がなかった方

 

 

無料にてカウンセリングを開催しております。

 

特別体験プログラムは本利用時さながらの鍼灸施術とリハビリを受けることができます。

 

 

いつでもご連絡お待ちしております。ご気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

 

 

お電話でのお問合せ

 

⇒052-433-3302

 

 

 

メールでのお問合せ

 

⇒お問合せフォーム

 

 

 

特別体験プログラムを申し込む

 

特別体験プログラム申込みフォーム

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~