一覧

  • HOME
  • 脳卒中後に伴う精神障害

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳卒中後に伴う精神障害

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報を皆さんにお届けしていきます。今日のテーマは『脳卒中後の精神障害』についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

脳卒中後にうつ病や不安感などの精神障害が出現する事をご存知でしょうか。脳卒中後に20~40%の方にうつ症状を発症するとも言われています。実は、脳卒中後のうつ症状はその先のリハビリの進行を遅らせる可能性があると言われています。

 

 

 

 

 

脳卒中後のうつ症状

 

 

 

 

脳卒中になると、脳の血管や神経が障害を受けます。その際に、感情や気分を司る領域に障害を受けると抑うつ症状が出現しています。また、脳卒中後に急な生活や環境の変化によってもうつ症状が発生します。脳卒中後のうつ症状の発生要因としては以下のものがあります。

 

 

 

・脳卒中後の後遺症により、病前のように身体が動かすことができないことによるストレス

 

 

・職場復帰や退院後の生活への不安感

 

 

・早く治して頑張らなければならないという焦り

 

 

・医師からの宣告(障害を受容するために完全には治らない)

 

 

 

 

 

 

 

このように脳卒中後のうつ病の発症には、様々な要因が複雑に絡み合っています。

 

 

 

脳卒中後のうつ病の特徴として、意欲の低下や活動性の減退が強く出てきます。また、うつ病に特有の1日のうちでの気分の変動(朝悪く、夕方に回復してくる)はほとんどみられません。

 

 

 

 

 

うつ病とリハビリ

 

 

 

脳卒中後のうつ症状は、リハビリの阻害因子になり得ます。リハビリの意欲低下は社会復帰をしようとする気持ちを奪ってきます。

 

 

そのため、脳卒中を発症してから急に活動性がなくなったり、意欲が低下している場合は、うつ病の可能性が考えられます。症状がうつ症状であれば、リハビリや病棟スタッフの関わり方も大きく変わってきます。早めに医師に相談をしましょう!