一覧

  • HOME
  • 脳卒中を予防するには『禁煙を』!

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳卒中を予防するには『禁煙を』!

おはようございます。ケンリハブログです。今回も、ケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けして参ります。今日のテーマは、「喫煙のリスクと脳卒中の関係性」についてです。喫煙がお身体に悪いことは皆さんもご存知だと思いますが、喫煙を続けるとどのような病気になりやすいか?脳卒中のリスクとの関係性については詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。今回は、喫煙のリスクと脳卒中との関係性についてお話していきます。

 

 

 

 

 

 

 

喫煙のリスクと脳卒中との関係性

 

 

 

喫煙を長期にわたって行っていると、各種臓器、組織に障害を起こし、いろいろな疾患を生じやすくなる。癌、虚血性心疾患、慢性閉塞性肺疾患は喫煙によるリスクを高めます。これらをまとめて喫煙関連三大疾患と呼びます。脳卒中発症のリスクも喫煙により高くなることが明らかになっている。喫煙量の多い群ほど脳卒中罹患率が高いことが報告されている。また喫煙により脳の血流量が低下することも報告されている。このように喫煙によって引き起こされる障害は計り知れません。

 

 

 

 

 

喫煙のリスク

 

 

 

喫煙は血管に「炎症」を引き起こします。長期の喫煙により慢性的な酸欠状態となります。そして、血液が固まりやすい状態となります。喫煙者は非喫煙者に比べて、心臓病死亡リスクは 1.5~4倍、脳梗塞死亡リスクは2~ 3 倍になります。また、喫煙は喫煙者本人だけではなく、周囲の人まで影響が出ます。これが、受動喫煙です。喫煙により、周囲の方へは受動喫煙が起こります。受動喫煙のために、血圧の上昇、心臓病、脳卒中、がんが起こると言われています。

 

 

 

 

 

 

禁煙の効

 

 

 

禁煙すれば、脳卒中や心疾患のリスクが比較的早期に下がることが知られています。禁煙をすると、4~5年ほどで脳卒中や心疾患のリスクを非喫煙者と同等になるとの研究報告もあります。禁煙はお金もかからない即効性のある予防といえます。健康な生活を送るためには禁煙が一番です。

 

 

 

 

今回は喫煙のリスクと脳卒中の関係性についてお伝えしてきました。一人で禁煙するのが難しい場合は、禁煙外来への受診をしましょう。