一覧

  • HOME
  • 水を飲んで脳梗塞を予防しよう!

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

水を飲んで脳梗塞を予防しよう!

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより、脳卒中やリハビリに関する情報をお届けして参ります。今回のテーマは「脳卒中と水の関係性」です。水を飲まないと脳梗塞になるリスクを高めるって皆さん知っていますか?水を飲まないと脳梗塞だけではなく、様々な身体の不調が出てくると言われています。なぜ水を飲まないと脳梗塞のリスクを高めるのでしょうか。

 

 

 

人間の身体は60%が水分

 

 

 

人間の身体の60%は水分でできていると言われています。血液も水分、骨も1/3は水分です。身体の中の水は血液として酸素や栄養を運び、身体の老廃物を排泄する働きがあります。水分摂取が少ないと血液がドロドロになって脳梗塞や心疾患の原因になります。これらの事からも身体の中の水分を整えることが重要と言えます。

 

 

 

 

水の働き

 

 

 

溶解

 

 

食事で身体の中に入った栄養素は吸収しやすくなり、代謝をされます。代謝反応は、水に溶けた状態で行います。

 

 

運搬

 

 

血液をかえして酸素や栄養素を体内の細胞に運搬します。老廃物を排泄する役割もあります。

 

 

体温調節

 

水は温度の変化が少ない為、体温を一定に保つ働きがあります。

 

 

 

水を飲むと得られる効果

 

 

 

血液をさらさらにする

 

 

身体の水分量が増えると循環が良くなり、老廃物の排泄もスムーズに行う事ができます。血液がさらさらになることで脳卒中や心疾患の予防にも繋がります。

 

 

 

痩せ体質になる

 

 

食事の際に水を摂取する事で満腹感を得ることができます。また、水を摂取することで一時的に体温が下がります。身体には一度下がった体温を元に戻そうとする機能があります。これを恒常性機能といいます。これにより基礎代謝が上がり脂肪を燃焼することができ、痩せやすい身体作りにつながります。

 

 

 

腸内環境を整え便通を改善する

 

 

 

水を飲むことで腸内環境を整えることができます。身体が水分不足になると便が固くなり便秘になりやすくなります。女性は男性に比べて水分量が少ない為、便秘になりやすい傾向があります。

 

 

脳梗塞を予防するための水分補給

 

 

脳梗塞や心疾患の発生が多い時間帯は何時かご存じでしょうか?

 

正解は早朝です。

 

なぜ?早朝に脳梗塞になりやすいかというとそれには身体の中の「水」が関係してます。人の身体の中の血液濃度が高くなりドロドロした状態になっているのが、午前4~8時間といわれています。血液がドロドロしていると血管が詰まりやすいのも想像できますよね。そのため、水を飲むのは「就寝前」と「起床後」がベストです!

 

寝る前と起きた時は、コップ一杯の水を飲もう!