一覧

  • HOME
  • 皆さん歩いていますか?寝たきり予防のために歩きましょう!

健康づくりのために

健康づくりのために

皆さん歩いていますか?寝たきり予防のために歩きましょう!

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより、脳卒中や健康に関する情報をお届けして参ります。今日のテーマは「寝たきり予防」についてです。日本は世界的に見ても長寿国です。日本は平均寿命が男女ともに高いことが有名です。

 

 

 

 

平均寿命と健康寿命

 

 

 

介護などが必要なく自分で自立して生活することが出来る年齢を「健康寿命」と言いますが、健康寿命をみてみると健康寿命は平均寿命に対して約8~10年以上も短いと言われています。これは、介護が必要な割合が非常に多いことを示しています。特に、問題となってくるのは寝たきりに近い状態で自立が困難になる場合です。

 

 

 

 

加齢に伴う体力低下

 

 

加齢に伴って体力は低下します。20代が筋力と体力ともにピークを向かえてそこから徐々に落ちていきます。30歳を境に10年で最大10%の体力が低下するとも言われています。20歳の時の体力から30%低下すると自立した生活が困難となり、寝たきりや介護が必要になるとも言われます。この体力と筋力低下を予防するのに効果的だと言われているのが「歩くこと」です。

 

 

 

 

寝たきりを予防には1日どれだけ歩けば良い?

 

 

健康寿命を保つためには1日何歩歩けばよいかを年齢別で示したものがある。これによると、40~50代では、8千歩以上とされ、高齢者では5千歩~7千歩歩くことが望ましいとされています。40代の世代では、仕事までの通勤時間や仕事で動いたりする時間があるため、8千歩以上歩くことは容易だと思われます。しかし、年齢を重ねるにつれて外出の頻度は減り、自宅で引きこもる方も多く存在する。

 

 

 

 

 

 

家の中で○○をすれば3千歩以上?

 

 

歩くことは重要なのはわかっていてもなかなか継続することが難しいとの声が聞こえてきそうです。実は家の中であることをすると3千歩以上あることが出来るんです。何か分かりますか?

 

 

 

 

それは「家事動作」です。毎日の家事動作である炊事、洗濯、掃除などを行う事でかなりの歩数を歩いたことになります。そのため、家族がすぐに手伝ってしまう癖がついていると、歩く時間が激減してしまい筋力や体力はすぐに落ちてしまいます。

 

 

 

 

やれることは自分でやる!これが、寝たきり予防にはとても重要です。まず簡単に出来る事は、万歩計をつけて自分が1日でどのくらい歩いているか知ることから始めてみるのはいかかでしょうか?