一覧

  • HOME
  • リハビリのやる気が出ない・・そんな時は5秒の法則!

自宅リハビリ

自宅リハビリ

リハビリのやる気が出ない・・そんな時は5秒の法則!

おはようございます。ケンリハブログです。今日も脳卒中やリハビリに関する情報をお届けしていきます。リハビリを行うぞと意思を固めてみたものの、やる気が出ない。継続することが苦手。そんな経験はありませんか?

 

 

 

リハビリ以外の日常生活においても、同じような場面な経験があるのではないでしょうか。

 

 

 

これらの悩みを一瞬で解決する方法があります。

 

 

 

 

 

5秒の法則とは?

 

 

 

それが今回のブログの題名にある『5秒の法則』です。モチベーションを上げる有名な方法ですので、ご存じな方もいるかもしれません。5秒の法則はアメリカの司会者のメル・ロビンス氏が提唱する方法で「やるべきことが頭に浮かんだら5・4・3・2・1・GO!で行動に移す」という方法です。

 

 

 

なぜ5秒なのかというと、人間の脳は「何かやることがあっても5秒以上考えるとできない理由を考えてしまう」からです。朝起きる時もあと5分だけ寝たいという気持ちから10分、20分と時間が経っていた。なんて事皆さんも一度は経験した事があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリは、自分ができていない事が出来るようになることが主たる目的です。そのため、苦手なバランストレーニングや筋肉を増やすために行う筋力トレーニングも継続して行っていく必要があります。その時に、どうせリハビリを行っても出来るようにならない。今日やらなくても明日からやればいい。などのできない理由ややらない理由を作ってしまものです。

 

 

 

 

 

リハビリをやらなきゃと頭に浮かんだらまず5秒を数えましょう。5・4・3・2・1・GO!で行動してみましょう。リハビリをやらない理由を考える前に行動することで辛い時間も5秒で済みます。例えばリハビリを行うのを明日にしてしまった場合、「今日やっておけば良かったな」と後悔してしまうものです。

 

 

 

 

 

5秒の法則を習慣化することができれば、リハビリのネガティブなイメージをポジティブなイメージに転換する癖を作ることができます。是非、毎日のリハビリも5秒の法則で継続してみてくださいね。