一覧

  • HOME
  • よく足がつるのは日常の○○が原因だった!

健康づくりのために

健康づくりのために

よく足がつるのは日常の○○が原因だった!

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中や健康に関する情報をお届けして参ります。寝ているときに「痛い!痛い!」と足が攣って痛みに驚き起こされた経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

今回のテーマは『足がつる原因と対策』についてお伝えしていきます。そもそも足がつるとはどういう状態?

 

 

 

 

足がつるとどういう状態なの?

 

 

足がつる」というのは、筋肉の緊張・弛緩の調節がうまく働かず、筋肉がけいれんを起こしている状態をいいます。主にふくらはぎに好発します。 ちなみに、ふくらはぎに突然起こる激しい痛みのことを「こむら返り」ともいいますね。時間帯は、就寝時から朝方にかけて多いのが特徴です。激しいスポーツを行っている若い世代の方は運動中に起こることもありますが、中高年になるとジョギングなどの軽めの運動でも足がつることが増えます。

 

 

 

足がつる原因には何があるの?

 

 

足がつる原因は人によって様々ですが、代表的なものを下記に示します。

 

 

 

 

① 運動不足や疲労

 

 

 

加齢に伴う筋肉量の減少は足の血流不全を引き起こし、足がつる原因となりえます。そのため、軽めの筋トレやストレッチは有効です。おすすめは立った姿勢での踵の上げ下ろしの運動です。ふくらはぎは第二の心臓とも言われます。踵の上げ下ろしを繰り返すことで足の血液の循環を良くすることにつながります。

 

 

 

 

② 冷え

 

 

 

足が冷えると足の血液循環が悪くなります。特にこれからの季節は足が冷えないような工夫が必要となります。就寝時はレッグウォーマーなどを着用してふくらはぎから足首までを温めましょう。

 

 

 

 

③ 電解質異常や脱水症状

 

 

 

偏った食事も足がつる原因の一つです。カリウムやビタミンを多く含む食材を取りましょう。鶏肉、牛肉、魚、大豆食品、お酢などは、血流を良くして身体を温めるとされています。バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

 

 

 

足がつった時の対策

 

 

 

急に足がつった際は、過度な筋肉収縮が原因ですので、筋肉をゆっくりとストレッチすると早く改善します。ふくらはぎの場合は、ふくらはぎを伸ばすように足を伸ばしたまま、足先をオヘソに近づけるようにゆっくりストレッチしましょう。