一覧

  • HOME
  • 脳卒中になると腰痛になりやすい?!

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳卒中になると腰痛になりやすい?!

おはようございます。

 

本日のブログテーマは「脳卒中と腰痛」です。

 

病気に関わらず、誰しもに起きやすい腰痛

 

 

 

年齢や性別を問わず、腰痛に悩んでいる方いらっさいますよね?

 

最近では、若い人はたまた小学生などでも腰痛を患う場合もあります。

 

 

 

そんな腰痛ですが、脳卒中とは関係があるのでしょうか?

 

 

 

腰痛とは

 

腰痛とは、体を動かしたときだけでなく、

 

安静にしているときにも痛みを感じる状態のことをいいます。

 

筋肉の疲労であったり、

 

血流が滞ることで「コリ」が発生してでる痛み、

 

あるいは骨に異常が起きて出る痛みなど、

 

種類もさまざまです。

 

 

 

 

 

腰痛の原因

 

 

大きく分けると、その原因は4つ考えられます。

 

 

①筋肉の緊張

 

無理な姿勢を続けると、腰周囲の筋肉が緊張して筋肉が疲労します。

 

それにより血流が悪くなり、腰に痛みが起こります。

 

 

 

②筋力の低下

 

腰周囲の筋力が衰えると、

 

腰椎(腰の骨)に負担がかかってしまいます。

 

それにより痛みを引き起こします。

 

また、腹筋の筋力低下からも同様に姿勢を保持できなくなり、

 

腰椎に負担をかけ、

 

痛みを引き起こすことがあります。

 

 

 

③無理をしてしまう

 

運動の頑張りすぎや、

 

重たいものを持つなど急激に腰に負担をかけてしまうと、

 

ぎっくり腰などの急性の腰痛を起こします。

 

また、オーバーワークは徐々に腰のストレスにもなりますので、

 

徐々に緊張が高まり腰痛を引き起こします。

 

 

 

④病気がある

 

変形性脊椎症や脊柱管狭窄症、あるいはヘルニアなど

 

腰周囲の直接的な病気から起こります。

 

また、内臓のどこかが悪くなっているときにも

 

腰に痛みを感じるときもあります。

 

 

 

 

 

脳卒中との関係は?

 

 

脳卒中の後遺症である「麻痺」は、主に手足の動かしにくさを感じます

 

しかし、その手足を動かすときに支えとなるのが「体幹」です

 

体幹が安定していなければ、

 

手足を自由に動かすことは難しくなってしまいます。

 

 

また、後遺症により無理に麻痺側の手足を動かしてしまう、

 

手足を動かすときにいろいろな部位にも力が入ってしまうなど、

 

「体全体」に負担をかけてしまうこともあります。

 

 

 

さきほど腰痛の原因をいくつか述べましたが、ここから考えてみると、

 

 

 

①筋肉の緊張

 

脳梗塞片麻痺により、筋肉が過度に緊張してしまいます。

 

腰周囲の筋肉も同様に緊張が高まり、痛みを引き起こす可能性があります。

 

 

 

②筋力の低下

 

脳卒中を発症し、

 

「安静にしていた期間」や「体を動かしていない期間」があると、

 

筋力は低下してしまいます。

 

あるいは麻痺があることで、

 

「動かせる筋肉」と「動かしにくい筋肉」で筋力にも差が出てしまいます。

 

脳卒中により腰周囲の筋力が上手く発揮できなければ、

 

筋力が低下し、

 

痛みを引き起こす可能性があります。

 

 

 

③無理をしてしまう

 

麻痺している手足を動かすのは、簡単ではありません。

 

動かすことに一生懸命になることも、

 

頑張ることもあるかと思います。

 

生活する上で、それはとても重要で必要なことかと思います。

 

しかしそれは時として、体に無理を強いている可能性もあります。

 

知らず知らずのうちに体に無理が集り、

 

腰痛になることもあります。

 

 

 

④病気がある

 

元々ヘルニアや狭窄症などがなかったとしても、

 

片麻痺による腰への過度の負担がかかってしまうと、

 

そこからヘルニアや狭窄症へなってしまうこともあります。

 

 

 

 

 

さまざまな腰痛の原因から見てみても、

 

脳卒中と腰痛はとても密接な関係であるといえるでしょう。

 

腰痛は誰しもがなる可能性があるため、

 

まずは予防がとても重要です。

 

腰に無理な動きは極力避け、

 

腰を安定させる腹筋や背筋などの筋力を保ちましょう。