一覧

  • HOME
  • 糖尿病が引き起こす3大合併症とは?

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

糖尿病が引き起こす3大合併症とは?

おはようございます。ケンリハブログです。本日も脳卒中やリハビリに関する情報を皆さんにお届けしていきます。今回のテーマは脳卒中の発症リスクを高める「糖尿病の3大合併症について」です。

 

 

 

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンというホルモンがうまく働かなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血糖、体重、血圧、血清脂質の良好なコントロール状態を維持する事が重要です。糖尿病は、治療せずに放置していると糖尿病合併症や動脈硬化を引き起こしてしまいます。糖尿病の3大合併症には、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害があります。

 

 

 

 

糖尿病網膜症

 

 

 

目の網膜には毛細血管が張り巡らされており、栄養や酸素を供給しています。糖尿病により、血糖が高い状態が続くと毛細血管が損傷を受けます。進行すると糖尿病性網膜症を引き起こします。初期には自覚症状はほとんどないため、糖尿病の診断が出されてからは、眼科での定期健診を受けることが大切です。進行すると失明の可能性がある恐ろしい合併症です。

 

 

 

 

 

糖尿病腎症

 

 

 

腎臓には、血液をろ過して尿を作る機能があります。血糖が高い状態が続くと腎臓にある毛細血管に障害を受けて腎臓の機能が働かなくなる状態を糖尿病腎症といいます。進行すると老廃物を尿として排泄する機能が失われてしまうため、透析治療が必要になってしまいます。この合併症も気づかないうちに進行してしまうため、早期発見・早期治療が重要です。

 

 

 

 

 

糖尿病神経障害

 

 

 

糖尿病神経障害は、高血糖により、手足の神経に異常をきたし、足の先や裏、手の指に痛みやしびれなどの感覚異常があらわれる合併症です。これらは、手袋や靴下で覆われる部分に、“左右対称”にあらわれる特徴があります。痛みが慢性化する場合や、進行して知覚が低下した結果、足潰瘍や足壊疽となる患者さんもいます。自覚症状がある場合は、早めに先生に相談しましょう。

 

 

 

 

今回は、糖尿病の3大合併症についてお話してきました。糖尿病の恐ろしさを知っていただけましたか?これらの合併症は自覚症状なく進行してしますのが手遅れになる理由の一つです。

 

日ごろから生活習慣を気を付けて、まず糖尿病にならないための生活習慣を送りましょう。