一覧

  • HOME
  • 生活習慣を見直したら本当に血圧が下がるのか?

健康づくりのために

健康づくりのために

生活習慣を見直したら本当に血圧が下がるのか?

おはようございます

 

本日のブログテーマはズバリ「血圧」

 

脳卒中とはきってもきれない関係にある血圧ですね

 

脳卒中のリスクファクターの第一に挙げられるのが、高血圧です

 

脳卒中の予防、脳卒中再発の予防のために、しっかり血圧に関する知識を身につけましょう!

 

 

 

みなさんは自分の血圧がどれくらいなのかご存知ですか?

 

定期的に測っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遺伝からくる高血圧、生活習慣や環境からくる高血圧

 

高血圧といってもその要因はさまざまです

 

とくに最近では、肥満による高血圧が増えてきています

 

 

 

要因はさまざまでも、生活習慣を改善することで本当に血圧をコントロールすることはできるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

生活習慣の見直しで、薬をやめる?!

 

 

薬の服用によるコントロールが必要な方もいるかと思います

 

しかし、最も重要なことは薬を飲むことではなく、生活習慣を見直す事です

 

軽度の高血圧の方であれば、生活習慣の改善を図ることが出来れば、かなりの確率で正常な血圧値にもっていくことが可能なんです

 

※軽度高血圧:収縮期血圧140-159mmHgまたは拡張期血圧90-99mmHg

 

 

 

投薬にてコントロールしている軽度高血圧の方であれば、生活習慣の改善により、約30%が薬をやめる事が出来るとの報告もあります

 

中等度高血圧の人でも、約10%が薬をやめる事が出来ます

 

※中等度高血圧:収縮期血圧160-179mmHgまたは拡張期血圧100-109mmHg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事を見直そう!

 

 

日本人は1日に平均して10グラム以上の塩分を摂取しています

 

まずはここから改善を図っていきましょう!

 

男性であれば1日8グラム、女性であれば1日7グラムに減らしていきたいですね

 

最終的には、男女ともに1日6グラム未満に出来たら理想的!

 

 

また、肥満による高血圧が増えていますので、一日の総カロリーやコレステロールにも注意が必要です

 

 

 

カロリーオーバーにならないよう、以下のものを控えましょう

 

 

●脂質の多いもの

 

●アルコール

 

●甘いもの

 

●スナック菓子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外食やコンビニ食の多い人はとくに気を付けよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動を見直そう!

 

 

高血圧対策のために運動を行う目的は2つあります

 

一つは、運動によってカロリーを消費し、減量を図ること

 

もう一つは、血行をよくすることです

 

血液の循環を促進させることで、自然に血圧を下げる力をつけます

 

 

 

どんな運動がいいの?

 

 

●軽めのジョギング

 

●ゆっくりと泳ぐ

 

●ウォーキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いずれも軽めに行うことが重要です

 

頑張りすぎて激しい運動になってしまったり、ランニングなどになってしまうと、呼吸が止まってしまいます

 

これを無酸素運動といいますが、高血圧対策にはむしろ逆効果になってしまう恐れもあります

 

軽く息が上がらないくらいの状態で、一日30分以上行う事が効果的です

 

一日1時間以上行うのであれば、毎日でなくても週に3回でも効果があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にもこんなことに気を付けよう!

 

 

最近、高血圧に深くかかわることとして注目されているのが「睡眠」です

 

睡眠が浅いと動脈硬化や肥満、糖尿病を招きやすく、高血圧につながる恐れがあります

 

十分な睡眠時間の確保と、睡眠の質の向上を目指しましょう

 

 

 

これからの季節は特に、外気との気温差が激しくなります

 

その分、血圧にも負担がかかってしまいます

 

防寒に努め、室内でも寒いトイレでいきまないことや、入浴の際には脱衣室や浴槽を温めてから入るとよいでしょう

 

いきなり熱いお風呂に入るのも注意が必要ですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

高血圧は脳卒中を含め、さまざまな病気に関係してきます

 

まだ気にしなくていいやではなく、

 

この記事を読んだ「いま」から生活習慣を見直してみて下さい