一覧

  • HOME
  • 脳梗塞、脳出血後遺症に有効的な『奇穴』とは?

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳梗塞、脳出血後遺症に有効的な『奇穴』とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳出血の後遺症に有効的なツボに

 

 

 

 

 

『奇穴』というものがあります。

 

 

 

 

 

一般的に言うツボは、ツボとツボを結ぶことができ、

 

 

 

 

 

カラダの内・外を連結して臓器にまで巡っています。

 

 

 

 

一本の輪になっていて、その中を流れる気が充満し、

 

 

 

 

 

スムーズに流れていれば、体は健康であると考えられています。

 

 

 

 

 

それと違って『奇穴』は単独で使えるツボです。

 

 

 

 

 

 

圧迫して痛む、あるいは心地よく感じる部位で、

 

 

 

 

 

特効薬、即効性があるツボです。

 

 

 

 

 

『奇』の文字が現すように、優れている。思いがけないパワーを持つツボ。

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳出血の後遺症にも、よく利用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳出血後遺症に有効的な『奇穴』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳出血後の足先の冷えに:八風

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の指が根元に接するところの間にあります。

 

 

 

 

 

左右合わせて八つのツボです。

 

 

 

 

 

八風の『八』は八つのツボの数。

 

 

 

 

 

『風』は風の邪の意味です。

 

 

 

 

 

冷たい風の邪の侵襲によって引き起こされた

 

 

 

 

 

足先の痛みやしびれに効果のあるツボです。

 

 

 

 

 

足先は普段でも冷えやすいところです。

 

 

 

 

 

秋から冬にかけて気温が下がると余計に冷えやすく、

 

 

 

 

 

足先の循環が悪いと痛みやしびれが発症しやすくなります。

 

 

 

 

こういった場合には温灸が最適です。お灸はもちろん。

 

 

 

 

 

レンジで温めたタオルで足先を温めマッサージも効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳出血後の手先の冷えに:八邪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手の甲で第一から第二中手骨頭の間にあります。

 

 

 

 

 

握り拳を作ったときに山になるところの間です。

 

 

 

 

 

『邪』は外邪、冷水や冷風あるいは気温や湿度のことを言います。

 

 

 

 

 

冷水や冷気に触れると手指が冷え、痛みやしびれが生じることがあります。

 

 

 

 

 

温灸は、もちろん、つまようじ鍼も効果があります。

 

 

 

 

 

つまようじ鍼とは、つまようじを十五本程度ゴムでくくったものです。

 

 

 

 

簡単に作れる『梅花鍼』です。

 

 

 

 

 

つまようじ鍼で軽く刺激するのも効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳出血の後、冷えを訴える方が、たくさんいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

冷えは痛みやしびれの原因となるので、ご自宅のケアで緩和したいものです。

 

 

 

 

 

手先、足先のツボを有効的に利用して、リハビリの手助けにしてくださいね。