一覧

  • HOME
  • 意外と知らない血圧測定の謎について!なぜ病院での血圧測定は高くなってしまうのか?

健康づくりのために

健康づくりのために

意外と知らない血圧測定の謎について!なぜ病院での血圧測定は高くなってしまうのか?

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けして参ります。今回のテーマは、『血圧』についてです。

 

 

 

 

 

 

血圧とは心臓から送り出された血液が血管内で示す圧力の事を指します。これが高くなると高血圧と呼びます。高血圧は、脳卒中、心臓病の原因として大きく関与します。そのため、血圧についての最低限の知識を知っておくことは重要です。4人に一人が高血圧と言われるほど国民病になりつつあるため、血圧測定を自宅でも測られる方が増えてきております。多くの方が自宅で血圧測定を行っているといくつかの疑問が発生します。例えば、血圧は一日何回測ればいいのか?病院で測ると血圧が上がるのはなぜか?など意外と知らない事が多いですよね。今回はこれらの疑問を中心に血圧について学んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

高血圧について

 

 

 

 

高血圧はその程度によって、さらにI度からIII度に分けられます。

上が140以上で、下が90未満の場合は、収縮期高血圧と呼びます。また、家庭血圧の基準値はより低く、135/85以上であれば高血圧になります。140/90未満は正常血圧ですが、120/80未満が循環器病のリスクが最も低い至適血圧です。130〜139/85〜89は正常高値血圧で、高血圧ではありませんが注意が必要です。

 

 

 

 

 

血圧はいつ測ると良い?

 

 

 

 

降圧剤を服薬されている場合は、降圧剤を服用前には測りましょう。夜服用した作用が薄れている朝方に測ることで服用時の血圧との差を知ることが出来ます。1日に2回測定できる方は就寝前に測定しましょう。服用してから2~4時間が最も降圧作用が高いため、血圧が下がりすぎていないかをチェックしておきましょう。血圧測定をする際は、理想は1回あたり3回測り、始めの1回目は含まず、あとの2回を平均するのが一般的です。

 

 

 

 

 

 

 

なぜ病院で血圧測定すると血圧が高くなるのか?

 

 

 

 

 

皆さんは、病院で血圧を測定した際に家庭で測るよりも高くなってしまった経験はございますか?これを『白衣現象』と呼びます。受診に伴う精神的不安感や精神的ストレスが関与していると言われています。家庭内血圧は安定しているのに、病院での血圧が高くなりすぎていると、医師が降圧剤をさらに出してしまう可能性があります。そのため、血圧が下がりすぎてしまうリスクがあるのです。そのため、家庭での血圧測定を習慣化し、血圧の日内変動や推移を知っておくことは重要と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は意外と知らない血圧の謎についてお伝えしてきました。血圧測定は毎日行うことが重要ということは知っていっただけたと思います。何事も継続することが大切ということですね。