一覧

  • HOME
  • 脳梗塞・脳出血。脳ってなんだろう?って思いませんか。

健康づくりのために

健康づくりのために

脳梗塞・脳出血。脳ってなんだろう?って思いませんか。

 

 

 

 

 

脳梗塞・脳出血。脳ってなんだろう?って思いませんか。

 

 

 

 

 

『脳トレ』『脳フィットネス』『脳科学のダイエット』など、

 

 

 

 

 

『脳』の力に注目する動きが高まっていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳出血、脳ってなに?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠るだけで脳は健康になり、睡眠が不足すると記憶力は低下します。

 

 

 

 

 

頭を使う、何かに挑戦する。脳細胞の繋がりが増え、記憶力が向上します。

 

 

 

 

 

以前 学んだことを復習する。普段使われない脳の繋がりが強化されます。

 

 

 

 

 

失われた機能は繰り返して使うことで脳が学習して繋がっていきます。

 

 

 

 

 

極端なこと新たなことに挑戦するのではなく、いつもと少し違うことをする。

 

 

 

 

 

初めての料理を作る。初対面の人と話す。ちょっとした変化を起こすだけで、

 

 

 

 

 

脳に新しい回路が生まれ、脳細胞の繋がりが強化されます。

 

 

 

 

 

脳はストレスが慢性化すると、脳エネルギーが減り 働きが低下します。

 

 

 

 

 

『何もしない時間』『何も考えない時間』脳も休む時間必要です。

 

 

 

 

 

食べ過ぎは脳の記憶力を低下させる。という研究結果があります。

 

 

 

 

 

誰かと一緒に食べる。会話をしながら食べる。

 

 

 

 

 

食べ過ぎ予防になり、たくさんのことを同時にする脳の繋がりも広がります。

 

 

 

 

 

逆に、食事を抜かない。

 

 

 

 

 

脳を最適な状態に保つには安定したエネルギー供給が必要です。

 

 

 

 

 

水をたくさん飲む。

 

 

 

 

 

脳細胞や神経細胞を適切に機能するには十分な水が必要です。

 

 

 

 

 

一日通してこまめに水分補給を。

 

 

 

 

 

ストレスを感じる相手とは距離をとる。

 

 

 

 

 

脳は様々なことでストレスを感じます。

 

 

 

 

 

ストレスを感じると脳神経細胞は上手く働きません。

 

 

 

 

 

避けられるストレスは出来るだけ避ける。無理をしない。

 

 

 

 

 

ストレスを感じたときは、昼寝をする、早めに寝る、お風呂に入る。

 

 

 

 

 

リラックスして英気を養う時間を意識的に作ることも大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳は身体の司令塔です。そして、脳は敏感に変化し、単純です。

 

 

 

 

 

ストレスがかかれば働かないし、リラックスしてエネルギーが十分であれば

 

 

 

 

 

いつも以上の力を発揮します。

 

 

 

 

 

楽しいこと、嬉しいこと、同時にいろいろなことが起これば、

 

 

 

 

 

脳の繋がりは強く太くなります。新しい脳の繋がりもできます。

 

 

 

 

 

脳梗塞、脳卒中、発症後のリハビリは、

 

 

 

 

 

辛くて大変に思っている方も、いらっしゃると思います。

 

 

 

 

 

マイナスの言葉は脳がストレスを感じ働かなくなります。

 

 

 

 

 

睡眠、食事、リラックス 、心と脳と上手く付き合っていくことが

 

 

 

 

 

リハビリにも良い影響を及ぼしていくと思います。