一覧

  • HOME
  • 脳卒中後、カラダを冷やさない!温めるとなぜいいのか?

健康づくりのために

健康づくりのために

脳卒中後、カラダを冷やさない!温めるとなぜいいのか?

 

 

 

 

 

先日、韓国出身のご利用者様と、

 

 

 

 

 

韓国のリハビリについて、お話をしました。

 

 

 

 

 

韓国は、日本に比べ気温が低い時期があるからか、

 

 

 

 

 

美も健康もカラダを冷やさないことが基本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後、おカラダは絶対に冷やさない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『チムジルバン』をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

韓国式の岩盤浴のような、サウナのようなものです。

 

 

 

 

 

パワーストーンで天井も壁も埋め尽くされ、暖められた鉱石から発せられる

 

 

 

 

 

遠赤外線やマイナスイオンによってカラダを温め、新陳代謝を活発にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで、汗をかけばデトックス効果があると信じられていましたが、

 

 

 

 

 

運動で汗腺から出る汗には体の水分を放出しているだけにすぎず、

 

 

 

 

 

本当のデトックスは排便や皮脂腺からの排出しか効果は期待できません。

 

 

 

 

 

体内に蓄積された有害な化学物質は脂肪と結合しているため、

 

 

 

 

 

皮脂腺から汗をかかなければ、体外に排出することは出来ないのです。

 

 

 

 

 

『チムジルバン』は汗腺ではなく皮脂腺から汗をかくので、

 

 

 

 

 

蓄積された有害物質の排出をし新陳代謝を高める効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

ヨモギ灸、塩灸、ビワ灸、灸頭鍼など鍼灸にも

 

 

 

 

 

同じように新陳代謝を高める療法があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後、おカラダを温めるとなぜいいの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの季節、朝晩の急激な温度変化によって

 

 

 

 

 

「おカラダの温度が急激に下がる」と感じることが

 

 

 

 

 

脳卒中を発症してから感じる。以前はなかったという話をよく聞きます。

 

 

 

 

 

厚いと汗をかき、寒いとブルブル震える。

 

 

 

 

 

毛細血管に働きかけ体温調節をする自律神経が関係しています。

 

 

 

 

 

脳卒中を発症後、自律神経が上手く働かず混乱したり、麻痺をしたり、

 

 

 

 

 

カラダが汗をかくことを忘れてるため、汗をかきにくく新陳代謝が悪くなり

 

 

 

 

 

濃い汗、臭い汗、汗臭いとなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国出身の利用者様は、おカラダを冷やさないように心がけています。

 

 

 

 

 

 

足首、手首、首、この場所は絶対に冷やしてはいけません。

 

 

 

 

 

血管が体表面近くにある為、冷えやすく温めやすい。

 

 

 

 

 

体温調節に最適な場所でもあります。

 

 

 

 

 

お灸をしたり、自宅なら蒸しタオルで温めたり効果的です。

 

 

 

 

 

お臍周辺、仙骨(骨盤の中心)も自律神経がたくさん出ています。

 

 

 

 

この場所も絶対に冷やしてはいけません。

 

 

 

 

内臓の働きに左右してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国では、健康なカラダ作りを日常生活にうまく取り入れています。

 

 

 

 

 

カラダを冷やさない食事、カラダを冷やさない過ごし方を取り入れ、

 

 

 

 

自律神経を整え、新陳代謝を高め、健康なカラダ作りが、

 

 

 

 

 

 

脳卒中後のリハビリ効果を高めていきます。