一覧

  • HOME
  • 筋肉を伸ばすだけではない⁉ストレッチの驚くべき効果とは???

リハビリについて

リハビリについて

筋肉を伸ばすだけではない⁉ストレッチの驚くべき効果とは???

おはようございます。ケンリハブログです。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中やリハビリに関する情報をお届けして参ります。今回のテーマは『ストレッチの効果』についてです。ストレッチの効果というとまず頭に思い浮かべるのは筋肉を伸ばす事とではないでしょうか?実はストレッチには、筋肉を伸ばす以外にも様々な効果があります。今回は、ストレッチの驚くべき効果についてお伝えしていきたいと思います。

 

ストレッチの驚くべき効果について

 

 

 

・可動域の拡大

 

ストレッチを正しく行う事で、筋肉の柔軟性が高まり、関節を動かせる可動域を広げる効果があります。関節の可動域は歩きや姿勢にもとても影響しますのでストレッチングにて適切な可動域を拡大する事は重要です。

 

 

 

・睡眠の質を高める

 

ストレッチは、心身の緊張をほぐし、寝つきがよくなるうれしい効果があります。
筋肉を緩めることで血流がよくなるといった身体的な効果に加え、リラックスを促す副交感神経を優位にすることで自然な眠気につながります。

 

 

・基礎代謝のUP

 

人間が1日に消費するエネルギーは、呼吸や血流、脳の働きといった生命維持に必要な「基礎代謝」が60~70%を占め、運動などによって消費される「身体活動代謝」が20~30%、残りの10%程度は消化吸収で消費されると言われています。日頃の生活を送るためには、筋肉が適切に伸び縮みする事が重要です。ストレッチにより身体の柔軟性が改善することで、歩きがスムーズになったり、階段の昇り降りが楽にできるようになるため、活動する時間が自然と増えて代謝が増えます。

 

 

・体のバランスを保つ

 

筋肉や関節の固さが続いてしまうと、不良姿勢を招いてしまう恐れがあります。ストレッチにて筋肉や関節の柔軟性が改善されますと、正しい姿勢を学習する事が可能となります。不良姿勢は腰痛などの原因になりますので、体の柔軟性を改善してバランスの良い体を作りましょう。

 

 

・集中力を高める

 

筋肉の柔軟性が乏しいと良い姿勢を長い時間保持することは困難になります。良い姿勢とは、疲れにくい姿勢とも言えます。崩れた姿勢では、疲れやすく集中力も続きません。ストレッチには、筋肉の柔軟性や全身の血流改善させることで集中力を高める効果があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月の空き状況を更新致しました。

 

こちらを確認して頂きますと、ご予約や問い合わせがスムーズになるかと思いますので、宜しくお願い致します。

 

現在、多くの方にご利用いただいており、特別体験プログラムなどのご予約も適宜入ってきております。

 

予約状況スケジュールは、随時更新は間に合わない場合もあるかと思いますので、正確な状況につきましては、お手数ではございますがお電話などにてご確認頂ければと思います。

 

 

 

10月の空き状況