一覧

  • HOME
  • 認知症に効果的な回想法とは?

リハビリについて

リハビリについて

認知症に効果的な回想法とは?

おはようございます。ケンリハブログです。本日もケンリハ脳卒中回復ステーションより脳卒中・リハビリ・健康に関する情報をお届けして参ります。今回のテーマは、認知症のリハビリでも用いられる回想法についてお伝えしていきます。回想法って皆さん知っていますか?回想法とは認知症のリハビリテーションに用いられる手技の一つです。会話しながらその方の人生を振り返ったり、写真や映像を見て過去を思い起こすことで、気持ちの安定やコミュニケーションの活性化に繋がります。

 

 

 

回想法とは?

 

 

回想法は精神科医、ロバート・バトラー氏によって提唱された心理療法です。高齢になると過去にあった話や同じ会話を話すことがあります。当時のアメリカの精神医学では、そうした行動は一種の病的状態であるとみなされていました。しかし、ロバート・バトラー氏は、そこに高齢者の生きる力を引き出すポジティブな意味があるととらえました。回想法は、過去の思いを共感しながらコミュニケーションを重ねていく方法です。回想法は個人で行う事もグループで行う事も出来ます。

 

 

 

 

 

回想法の効果について

 

 

 

認知症の方は最近の出来事は覚える事は難しくても昔あった思い出はよく覚えている傾向があります。楽しかった記憶は自然と笑みを浮かべながら生き生きとお話しされ方も多く見られます。昔の事を思い出しながら相手に話す事で脳が刺激され認知症を予防すると効果が期待できるとされています。また、今まで生きてきた人生について語り合うことで、精神が安定して自己の再確認を行う事に繋がります。

 

 

 

 

回想法を行う上での注意点

 

 

 

プライバシーの保護

 

回想法は、プライベートな内容を多く含むため、行う環境調整やプライバシー保護は徹底する。

 

 

 

 

 

相手のペースで進める

 

過剰に質問形式にしたり、無理に答えてもらう事は控える事。その人の語りたくない事や疲労が溜まってきた際には休憩を挟みながら対象者のペースに合わせながら実施しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

楽しい(ポジティブ)な話題で終わる

 

回想法は、楽しい思い出を振り返ることもあれば、悲しく、つらい記憶が出てくることも考えられます。回想法の終わり方が悲しい思い出になってしまうと、日常生活までネガティブになってしまう方も少なくありません。そのため、回想法の終わり方は、楽しい思い出を振り返るようにしたり、心が落ち着く音楽を流すなどの工夫があると回想法の効果をより高める事が出来ます。