一覧

  • HOME
  • 腸習慣で脳卒中後の便秘を解消!

健康づくりのために

健康づくりのために

腸習慣で脳卒中後の便秘を解消!

 

 

 

 

 

 

私たちが食べた物の栄養分は、まず小腸が消化吸収し、

 

 

 

 

 

その後の残りカスは大腸が便に作り替えて排出します。

 

 

 

 

 

この一連の流れは腸管が収縮する蠕動運動によって行われ、

 

 

 

 

 

スムーズに進むことで栄養たっぷりの血液が全身の細胞に届き、

 

 

 

 

 

食べた物が活動エネルギーとして活かされるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後の便秘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中を発症してから便秘に悩まされている方は、たくさんいます。

 

 

 

 

 

なぜなら、蠕動運動を起こすのは脳からの指令と筋肉だからです。

 

 

 

 

 

 

蠕動運動が停滞すると、栄養の消化吸収が落ちて血液の質が低下。

 

 

 

 

 

便の排出が上手くいかないと、

 

 

 

 

 

腸内の老廃物などを含んだドロドロ血液が全身を巡ってしまいます。

 

 

 

 

 

こうした血液は細胞には入り込めません。

 

 

 

 

 

代謝が落ち、血流も悪くなるので、冷えやむくみの原因にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後の便秘に効く食事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸の蠕動運動を活発にする食事のコツがあります。

 

 

 

 

 

腸内には、善玉菌・悪玉菌・日和見菌が多数います。

 

 

 

 

 

善玉菌が活性化すると日和見菌が加勢して腸内環境が良好になります。

 

 

 

 

 

日頃の食事では善玉菌を増やすのに役立つ発酵食品と

 

 

 

 

 

善玉菌のエサとなる食物繊維を多く含む

 

 

 

 

 

野菜や果物、きのこ類、海藻類を積極的にいただきましょう。

 

 

 

 

 

また、便が出にくい人は、オクラやもずく、なめこ、山芋などの

 

 

 

 

 

ヌメヌメ食材を多めに摂りましょう。

 

 

 

 

 

水溶性食物繊維が多く含まれているため、便が柔らかくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後の便秘に排便力を高める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸や肛門括約筋をひねったり、ストレッチをしたり、

 

 

 

 

 

『の』の字にマッサージしたり、

 

 

 

 

排便力を高めるには有効的です。

 

 

 

 

 

 

トイレでのいきみすぎは体に負担がかかるのでNGです。

 

 

 

 

 

 

もう一押しという時は、お腹をねじる「考えるポーズ」がオススメです。

 

 

 

 

 

深呼吸をしながら、右肘を左膝の上に、左肘を右膝の上に交互に行い

 

 

 

 

 

肘の位置を少しずつずらすと効果的です。

 

 

 

 

 

また、ストレッチは無理せず、リラックスして行うのがコツ。

 

 

 

 

 

副交感神経の働きが高まりスムーズな排便に繋がります。

 

 

 

 

 

夜は副交感神経が高まって腸が最も活発になる時間帯です。

 

 

 

 

 

翌朝のスムーズな排便につなげるためにも、

 

 

 

 

 

夜はリラックスを心がけて、夕食は就寝3時間前までに済ませ、

 

 

 

 

 

夜0時までに寝ることを習慣にしましょう。

 

 

 

 

 

 

良い腸習慣を身に付けて脳卒中後の便秘解消に役立ててくださいね。