一覧

  • HOME
  • 脳卒中後の糖質不足。脳機能の低下との関係とは?

健康づくりのために

健康づくりのために

脳卒中後の糖質不足。脳機能の低下との関係とは?

 

 

 

 

 

 

偏った食事をしていると、栄養不足が生じ、

 

 

 

 

 

少ない栄養をため込もうとして脂肪を蓄積するため、

 

 

 

 

 

腎臓と肝臓の働きに影響を与える場合があります。

 

 

 

 

 

排出機能が衰えてむくんでしまう傾向も。

 

 

 

 

 

また、糖質不足が生じると脳機能にも影響が生じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後の糖質不足と脳機能低下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳の主なエネルギー源は、

 

 

 

 

 

炭水化物(糖質)を分解して作られるブドウ糖です。

 

 

 

 

 

ブドウ糖が不足すると、脳機能が低下して、

 

 

 

 

 

イライラや感情の落ち込み、集中力の低下をもたらします。

 

 

 

 

 

また、糖質が入ってこないと

 

 

 

 

 

体は筋肉を分解してブドウ糖を作ろうとし、

 

 

 

 

 

筋肉量が減ってしまいます。

 

 

 

 

 

また、糖質不足は便秘の原因にもなります。

 

 

 

 

 

穀物を食べないと食物繊維不足となり腸の機能低下に繋がるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後の糖質不足とストレス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスは脳機能の低下をはじめ、

 

 

 

 

 

自律神経やホルモンのバランスを乱したり、

 

 

 

 

 

免疫力を低下させたり、様々な不調の原因となります。

 

 

 

 

 

笑顔で食べれば、内臓の働きも活性化、

 

 

 

 

 

快感ホルモンが分泌され、ストレスホルモンを減退させます。

 

 

 

 

 

体は食べたもので出来ていますし、ストレスは体に悪影響を及ぼします。

 

 

 

 

 

一回一回の食事を丁寧に。自分を大切に思うことで、

 

 

 

 

偏った栄養不足やストレスは解消でき脳機能も活性化されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後、食べたくないときのビタミンB群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビタミンは食べたものをエネルギーに変えるために必要不可欠です。

 

 

 

 

 

特に、ビタミンB群は、糖質や脂質の代謝にかかわるため、

 

 

 

 

 

疲労回復や体力不足の予防に働きかけます。

 

 

 

 

 

ビタミンB群は、豚肉・レバー・ウナギに豊富に含まれますが、

 

 

 

 

 

胃腸の機能が低下している時は、

 

 

 

 

 

食べると胃がもたれてしまいがちです。

 

 

 

 

 

 

 

ごはんの中でも、玄米や雑穀には、

 

 

 

 

 

ビタミンB群が多く含まれています。

 

 

 

 

 

普段食べる白米に、

 

 

 

 

 

消化の良い発芽玄米や雑穀を混ぜて食べるのもよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後、食欲がなく栄養不足になっている方がたくさんいます。

 

 

 

 

バランスの良い食事は、脳を活性化しの体の機能に働きかけます。

 

 

 

 

 

脳卒中後、筋肉がつる、むくみがつらい、情緒不安定などなど

 

 

 

 

 

食事を見直すことで改善できることもあります。

 

 

 

 

 

自分の体と上手く付き合っていくためにも食事を大切にしましょう。