一覧

  • HOME
  • 脳卒中とレモン ~東洋医学、食養生編~

健康づくりのために

健康づくりのために

脳卒中とレモン ~東洋医学、食養生編~

 

 

 

 

 

今年の夏は「レモン」という文字をよく見ます。

 

 

 

 

 

東洋医学には食養生というものがあります。

 

 

 

 

 

「味」は身体に作用すると言われ、

 

 

 

 

 

酸味は、『肝』を補います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中と身体の疲れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中を発症してから疲れやすくなったと、よく聞きます。

 

 

 

 

 

疲れたとき、酸っぱいものを食べると疲れが取れますよね。

 

 

 

 

 

疲れがたまる状態とは、

 

 

 

 

 

肝臓での解毒処理能力が低下して、体内の老廃物が溜まっている状態です。

 

 

 

 

 

酸っぱいものを補うと、身体の中の糖質代謝を促し、

 

 

 

 

 

エネルギーを発生させる元となるクエン酸回路が活性化し元気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中と筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋医学でいう『肝』の概念は

 

 

 

 

 

ホルモンや内外分泌の調和、造血機能、自己免疫機構の正常化

 

 

 

 

 

このような機能を含めたのが『肝』です。

 

 

 

 

 

東洋医学では『肝』に関係の深いもの『筋』『目』『怒』があります。

 

 

 

 

 

『肝』が弱まると『筋』が引きつります。

 

 

 

 

 

『目』が疲れやすくなります。

 

 

 

 

 

目に良いとされるブルーベリーは甘酸っぱいですよね。

 

 

 

 

 

『肝』が上手く機能していないとイライラして怒りっぽくなります。

 

 

 

 

 

逆にイライラしている人は『肝』の機能を低下させるので要注意です。

 

 

 

 

 

『酸味』には潤す働きもあります。

 

 

 

 

 

酸味は水が集まりやすくなり、カラカラに乾いた体を潤します。

 

 

 

 

 

脳卒中発症後、筋肉がつりやすくなった。ピクピクするなど、

 

 

 

 

 

筋肉を潤すことも予防となります。

 

 

 

 

 

レモン・梅・ゆずなど、夏バテ予防の食べ物は、疲れを取ると同時に、

 

 

 

 

 

 

筋肉にも働きかけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後の疲労に効くツボ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『肝』を活性化するツボは

 

 

 

 

 

太衝(たいしょう)と内関(ないかん)です。

 

 

 

 

 

太衝は

 

 

 

 

 

足の甲。親指と人差し指の間、骨の交わる付近。押して痛いところです。

 

 

 

 

 

内関は

 

 

 

 

 

手のひら側で、手首の中央、しわより指3本分上にあります。

 

 

 

 

 

ツボの刺激方法は、

 

 

 

 

 

ゆっくり親指で「の」の字を書くように、10秒押し込みます。

 

 

 

 

 

それを10回ほど繰り返してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事に上手に酸味を取り入れて、寝る前にリラックスした状態でツボを刺激。

 

 

 

 

 

疲れない身体を作り、まだまだ暑い夏を乗り切りましましょう。