一覧

  • HOME
  • 疲れない食べ方ってあるの?脳卒中後の体力回復に!

健康づくりのために

健康づくりのために

疲れない食べ方ってあるの?脳卒中後の体力回復に!

 

 

 

 

 

 

脳卒中後、だるさは栄養不足が原因かも!

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ物をしっかり消化・吸収できなければ、

 

 

 

 

 

せっかく摂った栄養を活かすことはできません。

 

 

 

 

 

 

そこで大事になるのが「食べ方」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後のだるさは胃腸機能の低下かも?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食欲が減退しているときは、麺類やフルーツなど、

 

 

 

 

 

かまない食事に偏りがちです。

 

 

 

 

 

こうした食事を続けていると、胃腸機能が低下し、

 

 

 

 

 

食べ物の消化・吸収が上手く行えなくなり、

 

 

 

 

 

カラダが栄養不足の状態となって

 

 

 

 

 

「疲れ」や「だるさ」が生じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食を抜いたり、食べ過ぎた後は食事を抜いたり、

 

 

 

 

 

一日3食食べない人もいます。こうした食生活を続けていると、

 

 

 

 

 

胃腸は「入ってこないから、動かなくてもいい」と

 

 

 

 

 

怠けるようになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃腸の機能を回復させるおススメ方法は、

 

 

 

 

 

食べて胃腸を動かすことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃腸も筋肉なので、動かすことで鍛えられるのですが、

 

 

 

 

 

手足などの筋肉と違い、意識的に動かすことはできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胃腸の筋肉を鍛えることは食べること。

 

 

 

 

 

よくかんで食べると、唾液の分泌が促され、

 

 

 

 

 

胃腸が活発に動くようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後、疲れない食べ方のポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①よくかんで食べましょう。

 

 

 

 

 

料理の味が濃いほど、かむ回数は減ります。

 

 

 

 

 

ごはんには味をつけないほうがよく噛んで食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②みそ汁は胃の粘膜を守り、腸内環境を整えてくれます。

 

 

 

 

 

野菜をたっぷり入れて、具だくさんでいただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③食べるときは、まずみそ汁から。

 

 

 

 

 

だしのうまみ成分が唾液の分泌を促し、

 

 

 

 

 

胃腸のウォーミングアップになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④食欲がないときは、梅干しや酢の物など酸味のある物を

 

 

 

 

 

意識的に摂り入れましょう。

 

 

 

 

 

唾液の分泌を促し、食欲アップにもつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、1日を通して、

 

 

 

 

 

米とおかずが「6対4」になる食べ方がおススメです。

 

 

 

 

 

米はタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維を含んでいます。

 

 

 

 

 

米は消化が良く体に負担をかけずに摂取できます。

 

 

 

 

 

 

そしてたんぱく源にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れにくい体を目指すには、

 

 

 

 

 

お米をしっかりと食べること。

 

 

 

 

 

具だくさんなお味噌汁をプラスして、バランスの良い食事に心がけましょう!