一覧

  • HOME
  • 脳卒中後のリハビリ。鍼と灸の違いとは?

鍼やお灸について

鍼やお灸について

脳卒中後のリハビリ。鍼と灸の違いとは?

 

 

 

 

 

 

体験プログラムを利用される方のほとんどが、

 

 

 

 

 

鍼灸は初めて。鍼も灸も見たことがない。

 

 

 

 

 

 

鍼と灸の違いはあるの?と聞かれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳梗塞後のリハビリ。鍼と灸の違いとは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼と灸は性質が違います。

 

 

 

 

 

鍼は、主に、瀉する時に利用します。

 

 

 

 

 

逆に、灸は補っする時に行います。

 

 

 

 

 

要するに、多いものを減らす時が鍼で、足らない時が灸です。

 

 

 

 

 

分かりにくいですね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々、鍼は海に近い地域から生まれました。

 

 

 

 

 

腐った魚を食べてしまい、できてしまった腫れものを

 

 

 

 

 

魚を取る槍の先で刺し毒素を抜く。瀉することが鍼の始まりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山で暮らす人々は冷えるため、石を温めお腹に抱えて

 

 

 

 

 

寒さをしのいでいた。体調管理をしていた。

 

 

 

 

 

温めて補う灸の始まりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような考え方が鍼灸の根源にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラダの冷たいところには灸。熱いところには鍼。

 

 

 

 

 

頭は上気しやすく、のぼせや頭痛、目の充血、怒りなど

 

 

 

 

 

お風呂のみたいに熱いものは上に上がります。

 

 

 

 

 

熱いもの、悪いものを取り除くのに適しているのが鍼です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷えて頻尿になった。動かしにくい足先が冷たくて浮腫む。

 

 

 

 

 

冷えたものは下に溜まります。こんな時は灸が適しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下半身には灸。上半身には鍼。

 

 

 

 

 

お腹は灸。背中は鍼。

 

 

 

 

 

カラダの内側は灸。外側は鍼。

 

 

 

 

 

カラダの部位でも温かい冷たいがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が四つ這いになっている姿勢で日が当たっている部位は鍼。

 

 

 

 

 

日が当たらない部位が灸と言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後のカラダのトラブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便秘になった。頻尿になった。冷え性になった。浮腫む...。

 

 

 

 

 

 

脳卒中になってから、これらの症状が出てきたと、よく聞きます。

 

 

 

 

 

足のむくみには、腎経を刺激して水を流すように促す。

 

 

 

 

 

頻尿・便秘には、下腹部の腎経・胃経を刺激し温め活発にする。

 

 

 

 

 

冷え性には、腎経・肝経を刺激する。など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳卒中後のトラブル症状に合わせて、

 

 

 

 

 

どの機能・臓器を刺激するか考えて鍼灸を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この部位には鍼がいいか?灸がいいか?

 

 

 

 

 

この症状には鍼が適しているか?灸が適しているか?

 

 

 

 

 

カラダの状態は?疲れていないか?体調を崩していないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的な鍼や灸の使い分けはありますが、

 

 

 

 

その日のカラダの状態によって鍼と灸を使い分けています。