一覧

  • HOME
  • 脳卒中のリハビリは笑顔で行うと効果倍増???

リハビリについて

リハビリについて

脳卒中のリハビリは笑顔で行うと効果倍増???

おはようございます。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションから脳卒中やリハビリに関する情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います。脳卒中後のリハビリはとても辛いものです。今まで動かせていた身体が思うように動かす事が出来ずにもどかしさで一杯になりますよね。リハビリ=辛い というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?そんな時に重要な事があります。それは『笑顔』です。辛い時に笑顔になんてなれない。そんな風に思われる方もいるかと思います。辛い時だから笑顔を作るのです。今回は、笑顔になる事で得られる効果をお伝えしていきます。

 

 

 

 

笑顔の効果は絶大なパワーを秘めている!

 

 

 

 

①免疫効果を高める

 

 

 

 

健康的な成人でも1日に多くのガン細胞が発生していると言われています。私達がすぐに病気やガンにならない理由は人の免疫システムともいえるリンパ球の一種であるナチュラルキラー細胞が昼夜を問わずあなたを守り続けていてくれるからです。そして、笑う事によってこの最強のナチュラルキラー細胞がパワーアップするのです。笑顔で病気になりずらい身体を作る事が出来るかもしれません。

 

 

 

 

 

②学習効果や記憶力UP!

 

 

 

 

リハビリは、筋力トレーニングも行いますが、歩き方を覚えてりする運動学習を行います。実は笑顔にはリハビリの学習効果を高める作用があると言われています。笑顔には脳に血流量を増やす事で記憶力や脳を活性化する働きがあります。

 

 

 

 

 

③ストレス解消

 

 

 

 

リハビリでは、上手くいくことばかりではないため、ストレスが溜まることも少なくありません。笑顔でリハビリを行うことで脳への酸素量が増えストレスホルモンが減少すると言われています。mた、副交感神経が優位となりリラックス効果を促し、ストレス緩和に働きます。

 

 

 

 

 

➃笑顔の伝染

 

 

 

笑顔には伝染の効果があります。リハビリ室で笑顔でリハビリをしている患者がいれば、周りの患者や家族の方も笑顔になりますし、スタッフにもその笑顔は伝染します。リハビリする雰囲気も良くなるため、やる気をもってリハビリを行える方が増えるかもしれません。

 

 

 

 

笑顔にはリハビリ効果を高めることはわかりましたね。しかし、リハビリ中に笑顔になれる方はそこまで多くないと思われます。自然と笑顔になれない方はどのようにすればいいでしょう?

 

 

 

 

 

⑤作り笑顔でも効果あり

 

 

笑顔の特徴は作り笑顔にもナチュラルキラー細胞の働きが活発になることが研究によって認められています。また、作り笑顔でも自然の笑顔と同等の効果があることも最近の研究で分かって来ました。疲れている時や元気のない時に作り笑顔をするだけでも、その効果は絶大なのです。つまり、リハビリが辛い時ほど作り笑顔で頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

今回は、笑顔のリハビリ効果についてお話してきました。病気直後は笑顔になることは難しいと思います。まずは、気持ちを整理して作り笑顔でもいいので始めていく事がリハビリの第一歩だと考えています。