一覧

  • HOME
  • 夏でもリハビリが出来る身体を作ろう!夏バテに効く料理とは?

健康づくりのために

健康づくりのために

夏でもリハビリが出来る身体を作ろう!夏バテに効く料理とは?

皆さんおはようございます。本日もケンリハ脳卒中回復ステーションからリハビリや脳卒中に関する情報をお届けしていきます。当ステーションでは、真夏でも真冬でも年中リハビリを行っています。特にこの時期は、猛暑で身体がだるくなってしまい、リハビリも思うように行えないなんて事もありますよね。

 

 

 

クーラーが効いた室内で身体が冷えすぎることで自律神経が乱れてしまったり、食欲も無くなってしまい必要な栄養素が取れていない事が夏バテの原因です。今回は、夏バテを予防するための料理についてお伝えしていきますね。食欲がなくなるこれからの季節でも食べやすくて栄養素もバッチリな料理を食べて元気を出しましょう!

 

 

 

 

夏バテ予防に必要な栄養素

 

 

・タンパク質

タンパク質は、筋肉を増やしたり運動をする上で重要な栄養素となります。筋肉が増えることで基礎代謝も上がるため、冷房による冷えを予防する効果も期待できます。タンパク質を豊富に含む食材には豚肉、カツオ、豆類があります。

 

 

 

・ビタミンB群

ビタミンB群には疲労回復やエネルギー代謝を助ける働きがあります。リハビリや運動後に摂取することで次の日に疲労を貯めない身体作りが出来るようになります。ビタミンB群を多く含む食材は、マグロ、うなぎ、卵があります。

 

 

・アリシン

上述したビタミンB群の吸収を助けてくれます。アリシンを多く含む食材は、ニンニク、ネギ、ニラがあります。

 

 

 

・クエン酸

クエン酸には、疲労物質を体の外に排出する働きがあります。クエン酸を多く含む食材は、酢、梅、レモンなどがあります。

 

 

 

 

・ムチン

ムチンには、消化を促進して胃粘膜を保護する働きがあります。ムチンは納豆、オクラ、長芋などネバネバな食材に多く含まれます。

 

 

 

 

 

 

夏バテ予防メニュー

 

・夏野菜と豚挽き肉のカレー

ニンニク、玉ねぎ、にんじん、オクラなど夏野菜をふんだんに加えたカレーは食欲をそそる事間違いなしです。普段、野菜を摂れていない方にもおすすめです

 

 

 

・フルーツヨーグル

ヨーグルトにはタンパク質やカルシウムが含まれており、フルーツにはビタミンCやクエン酸が含まれてます。甘みと酸味が合わさることで食欲がない朝食には食べやすくておすすめですよ。

 

 

・ネバネバそうめん

納豆、オクラ、ネギなどのネバネバ食材を使ったそうめん。夏は冷たい麺類が食べたくなりますよね。食欲ない季節でも美味しくて食べやすいけど、栄養素が不足しがち。ネバネバ食材を加えることで栄養をプラス!

 

 

 

 

他にも夏バテ予防に必要な栄養素を取り入れた食材をお好みのメニューに加えるだけで夏バテを予防できます。リハビリや運動を行える身体を作ることが出来ます。皆さんも夏バテレシピ考えてみてはいかがでしょうか?