一覧

  • HOME
  • この夏は熱中症と脳梗塞にご用心!

健康づくりのために

健康づくりのために

この夏は熱中症と脳梗塞にご用心!

おはようございます。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションからリハビリや脳卒中に関する情報を皆さまにお届けして参ります。

 

 

 

よーし、今日も元気よく行きましょう…

 

 

 

 

暑い、暑すぎませんか?8月月、9月のこの時期は無意識に暑いと言ってしまいますよね。当ステーションをご利用いただいている方もお越しになって初めて口にする言葉は「暑い」です。これからも猛暑が続いていくと思いますが、この時期に注意しないといけない事があります。それは、皆さんもご損じな『熱中症』です。最近でも、熱中症で亡くなられたとニュースで取り上げられていましたね。つまり、他人事ではないのです!しかも、恐ろしいことにこの熱中症は脳卒中の発症リスクを高めてしまう恐れも秘めているのです。そのため、今回は皆さんに熱中症と脳卒中を予防して頂きたいという思いこのブログを書かせて頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

熱中症の原因

 

 

 

 

熱中症は、熱によって起こるさまざまなからだの不調のことをいいます。 暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

 

 

 

 

熱中症のサイン

 

 

 

 

・体温の上昇

身体が熱くなってきたり、具合が悪くなってきたら出来るだけ身体を冷やすことが大切。早めに医療機関の受診をしましょう。

 

 

 

 

 

・意識の混乱

熱中症の症状の中では、意識がもうろうとしたり、歩きが不安定になる事が熱中症のサインの一つです。呼びかけに反応が薄くなってきたり、会話のつじつまが合わなくなったらすぐに救急車を呼びましょう。熱中症、脳卒中の発症している可能性があります。

 

 

 

 

 

・ズキズキする頭痛

頭痛は、熱中症のサインでもあります。熱中症の頭痛は、頭がズキズキとして、脈を打つようにした頭痛が特徴です。

 

 

 

 

 

・めまい、吐き気、嘔吐

熱中症では、様々な器官に影響を及ぼします。症状が悪化して来ると、めまい、吐き気、嘔吐が生じる事があります。

 

 

 

 

 

・呼吸困難

熱中症で身体がオーバーヒートすると、それを冷やそうとして心臓は血液を早く送りだす必要があります。その為、心臓には負担がかかってしまうのです。過呼吸などの呼吸困難がみられることがあります。

 

 

 

 

 

熱中症の予防と応急処置

 

 

 

熱中症症状が見られたら以下の事を行いましょう。

 

・日陰や涼しい室内へ移動する

・冷たい水で身体を冷やしましょう。それを首の両脇、脇の下、大腿の付け根の前面に当てて皮膚のすぐ近くにある太い血管を冷やしましょう。

・水やスポーツドリンクを飲ませる

・衣服を脱がせたり、きついベルトやネクタイ、下着はゆるめて身体から熱を放散させます。

 

 

 

熱中症予防

 

 

 

・適度な水分補給

喉が乾いたら給水しましょう。2リットルは飲めると良いでしょう。汗で失った分は水分補給で補う必要があります。

 

 

 

 

・いきなり負荷の高い運動をしない

はじめは、少ない時間からウォーキングどで身体を慣らしていきましょう。

 

 

これからも猛暑は続いていきますが、熱中症と脳卒中を予防して安全に運動を行っていきましょうね。