一覧

  • HOME
  • 脳卒中障害者がつくる情報誌『一歩 いっぽ』にインタビュー記事が掲載されました

メディア掲載

メディア掲載

脳卒中障害者がつくる情報誌『一歩 いっぽ』にインタビュー記事が掲載されました

こんにちは。ケンリハブログです。

表題にもありますように、脳卒中障害者がつくる情報誌『一歩 いっぽ』第44号にケンリハ脳卒中回復ステーションのインタビュー記事が掲載されました!

 

 

特定非営利活動法人ドリーム様 ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

情報誌『一歩いっぽ』の編集者様は脳卒中後遺症者の方が行っているそうです。脳卒中を発症した経験を多くの人に伝えるために情報誌の製作スタッフとして活動されているそうです。ご自身の経験を誰かに届けたいという気持ちはとても素敵ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンリハ脳卒中回復ステーションは、脳梗塞、脳卒中の後遺症障害に苦しむ方々に向けた自費リハビリ施設です。自費リハビリですので、医療保険や介護保険で行うリハビリとは違います。

 

 

 

公的医療保険や介護保険で受けられるリハビリには、時間や回数が限りがあります。そのため、後遺症の回復する可能性があっても途中で終了してしまう事も少なくありません。

 

 

 

しかし、世の中には「もっとリハビリをしたい」「脳卒中の後遺症を諦めたくない」という方々で溢れています。

 

 

 

そんな気持ちをサポートしているのが私たちケンリハ脳卒中回復ステーションです。「人らしく自分らしく生活し人生の幸福を見出さす為のお手伝いをする」ことが弊社の理念です。

 

 

 

弊社のリハビリは、鍼灸とリハビリを組み合わせた完全マンツーマンで行う徹底リハビリです。世界的に見て東洋医学である鍼灸は、脳卒中後遺症に対する施術効果の有効性がうたわれています。

 

 

 

そう言ったことから海外では東洋医学と西洋医学を組み合わせたリハビリが増えてきています。日本の大学病院でも、鍼灸や漢方を取り入れた東洋医学外来なども設けられてきています。

 

 

 

当ステーションでは、東洋医学と西洋医学の良いところを組み合わせてその方の最大限の回復も目指します。私たちケンリハ脳卒中回復ステーションは、「脳卒中の後遺症を諦めたくない」という気持ちを全力でサポートします。

 

 

 

 

発症後何年も時間が経過した後遺症の方にも回復できる可能性は必ずあると考えています。

 

 

 

 

 

 

 

どうぞ、一度体験にお越し下さい。お待ちしています。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このブログを読んで興味を持って頂いた方

 

気にはなっていたが一歩踏み出す勇気がなかった方

 

 

無料にてカウンセリングを開催しております。

 

特別体験プログラムは本利用時さながらの

 

鍼灸施術とリハビリを受けることができます。

 

 

いつでもご連絡お待ちしております。ご気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

お電話でのお問合せ:

 

052-433-3302

 

 

メールでのお問合せ:

 

お問合せフォーム

 

 

特別体験プログラムを申し込む:

 

特別体験プログラム申込みフォーム

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~