一覧

  • HOME
  • 隠れ脳梗塞って知ってる?

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

隠れ脳梗塞って知ってる?

脳梗塞の中には、症状が出ないものもあるって知っていますか?

無症候性脳梗塞といい、いわゆる「隠れ脳梗塞」です。

 

この無症候性脳梗塞は、脳の細い血管が詰まって起こる病気であり、血管の中でも先の細い部分のため脳の組織には影響が出ず、際立った症状が出ないのです。

それ故気付かないで過ぎてしまうため、後にMRIなどで発見されたりするのです。

しかし、症状がないからといって安心してはいけません。

無症候性脳梗塞を起こすと、血管性認知症になる場合や症状の出る脳梗塞になる可能性も高まっているのです。

脳梗塞を発症したことのないグループと無症候性脳梗塞がMRIで確認された症状のないグループで記憶のテストをしたところ、明らかに脳梗塞を起こしたことのないグループの方が記憶テストの成績が良かったとの報告もあります。

無症候性脳梗塞の危険因子は、加齢、高血圧、糖尿病、飲酒、喫煙、脂質異常、腎臓病などがあります。また、過労やストレスなども関係してきます。

この中でも最も危険因子となり得るものはやはり高血圧です。

血圧が高いということは、血管に高い圧力がかかっているということです。そのため血管内を流れる血液が血管を傷つけてしまう可能性が高まります。

脳卒中を発症する最も原因になるのが、この高血圧です。もし血圧の高い方がいるようでしたら、食事の見直しや有酸素運動などがオススメです。または血圧を下げる薬などで抑えることもいいでしょう。

無症候性脳梗塞の治療及び予防としては、第一に糖尿病や脂質異常などの危険因子となり得るものの管理となります。特に高血圧のコントロールは厳格に行いましょう。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このブログを読んで興味を持って頂いた方

 

気にはなっていたが一歩踏み出す勇気がなかった方

 

無料にてカウンセリングを開催しております。

 

特別体験プログラムは本利用時さながらの鍼灸施術とリハビリを受けることができます。

 

いつでもご連絡お待ちしております。ご気軽にご相談下さいませ。

 

 

 

お電話でのお問合せ:

 

052-433-3302

 

 

メールでのお問合せ:

 

お問合せフォーム

 

 

特別体験プログラムを申し込む:

 

特別体験プログラム申込みフォーム

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~