一覧

  • HOME
  • もう既に脳の萎縮は始まっているかも??

脳の働きを知る

脳の働きを知る

もう既に脳の萎縮は始まっているかも??

 

 

 

 

 

皆さんおはようございます。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションから脳卒中に関する情報やリハビリや健康に関する豆知識をお伝えしていきます。今回のテーマは『脳の萎縮』についてです。このテーマを聞いて脳って萎縮するの?いつから萎縮するのか気になった方も多いのでは???脳は加齢とともに萎縮します。では、どれくらいの年代から萎縮がみられてくると思いますか?70代、それとも80代くらいですか?その辺りも中心にお話していきたいと思います。

 

 

 

 

加齢に伴う脳の萎縮

 

 

 

私達の脳は加齢に伴い徐々に萎縮していきます。衝撃的なことに何と!一般的には30歳代くらいから少しずつ脳の萎縮が始まってくるのです。驚きですよね!!!そこから歳をとり65歳くらいから脳の萎縮が肉眼でも確認する事が出来ます。脳の重さは、成人男性で1300〜1400グラム、成人女性では1200〜1300グラム程度ですが、90歳になると60歳の脳よりも5〜7%程度軽くなると言われています。萎縮の早さや程度は個人差によるところが大きく、また脳の部位によっても差がみられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

脳の検査

 

 

 

 

 

脳萎縮を知るための検査では、CT、MRIが用いられる事が多いです。CTはレントゲンと同じような機械の構造をしており、短時間で簡単に画像を出すことができ、初期の脳萎縮の発見には向いています。 一方、MRIは時間をかけて撮影をしていくため細かく委縮の部位や範囲、程度の詳細を把握することができます。

 

 

 

 

 

 

 

脳の萎縮に伴う症状

 

 

 

 

 

脳が萎縮に伴う症状として一番はじめに挙げられるのは、認知機能の低下です。しかし、誰しも加齢に伴って脳は萎縮するため、脳萎縮=認知症にはなりません。あくまでも病的に脳萎縮した際に認知症となります。認知症になると、記憶力の低下し物忘れなどの症状が見られてきます。その他にも人、場所、時間がわからなくなったり。気分の落ち込みなども見られる事があります。しかし、これらの症状には個人差があるため、病歴や進行度に合わせた治療が重要となります。

 

 

 

 

 

今回は、『脳の萎縮』をテーマでした。30代から脳の萎縮が始まるのは衝撃的でしたね。日頃から頭を使って生活していく事が最も効果的な予防対策になります。皆さんも一緒に脳萎縮を予防しましょう!!