一覧

  • HOME
  • 理学療法士と作業療法士の違いとは?

リハビリについて

リハビリについて

理学療法士と作業療法士の違いとは?

 

 

 

 

皆さんおはようございます。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションより、脳卒中に関する情報やリハビリや医療の豆知識などお伝えしていきます。皆さんはリハビリをされていた経験はありますか?実はリハビリテーションに関する職業には、理学療法士、作業療法士という名前が良く似た2種類の職種があるんです。病院に入院した経験がある方も2つの職種の違いを知らない方が多いかもしれません。今回は、理学療法士と作業療法士の違いについてお話していきたいと思います。

 

 

 

 

理学療法士と作業療法士の資格

 

 

 

 

理学療法士と作業療法士はともに厚生労働省が所管する国家資格です。そのため、厚生労働省が実施する国家試験に合格しなければなりません。これらの国家受験を受験するための資格は、養成課程がある養成施設(大学や短大、専門学校など)で3年以上学び、いずれを修了することが条件となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士と作業療法士の業務内容

 

 

 

 

 

理学療法士

 

 

 

 

理学療法士は、身体に障害のあるものに対して日常生活を送るために必要な基本動作を獲得するために行う療法となります。基本動作は、寝返る、起き上がる、座る、立つ、歩く、階段を昇るなどの動作のリハビリテーションを中心に行っていきます。運動によって筋肉や神経を刺激するなどリハビリの手技には様々なものがあります。その他にも痛みがある部位や筋肉の柔軟性の改善を目的に物理療法といった電気刺激や温熱・寒冷療法などを用いる事もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業療法士

 

 

 

 

作業療法士は日常生活活動という、日常過ごす上での応用的な動作を図るために行なっていく療法です。つまり、移動や入浴、トイレ動作、さらには食事をすることや着替えるなど、日常の中でも応用的な動作のリハビリテーションを行なっていきます。そして、作業療法士が主に行なっていくリハビリテーションは、日常動作はもちろん、遊びや手工芸、運動、仕事に必要な動作などのさまざまな作業が挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は理学療法士と作業療法士という仕事にはどんな違いについてをテーマにお話していきました。リハビリをして患者さんの身体を良くするという目的は同じですが、細かいところで違いがありましたね。病院などでリハビリをしている場面を見られた際には理学療法士と作業療法士のどちらか考えてみてみるとより2つの職種の違いに気づけるかもしれませんよ。