一覧

  • HOME
  • お酒と脳卒中の関係性

健康づくりのために

健康づくりのために

お酒と脳卒中の関係性

おはようございます。今日も皆さんにケンリハ脳卒中回復ステーションから脳卒中やリハビリに関する情報をお届けします。今日はお酒と脳卒中の関係性についてお伝えします。

 

 

 

お酒と脳卒中の関係性

 

 

酒は「百薬の長」と言われていますが、飲み過ぎが健康によくないことは皆さんもよくご存知ではないでしょうか?実は、脳卒中の発生率に関しても飲酒量が増えるにつれて高くなることが、最新の研究で明らかになったのです。お酒を飲む方も多いと思いますので、適切な飲酒量について学び脳卒中をはじめとした病気を予防しましょう。

 

 

 

 

 

重度の飲酒者では、「脳内出血」のリスクが1.6倍に、「クモ膜下出血」のリスクが1.8倍に、それぞれ上昇した。どちらも出血性脳卒中で、脳内出血は脳の中にある小さな血管からの出血で、くも膜下出血は脳の表面を覆うくも膜の下の出血の事を指します。目安としては、1日にビール中瓶1本以上飲む人は脳卒中の発症リスクを高まります。

 

 

 

適度なアルコールの摂取量の目安は2ドリンクまでで、純アルコール量で約20g程度が限度だというこれをアルコール飲料に換算すると、ビールは中びん1本(500mL)、日本酒は1合(180mL)、焼酎0.6合(約110mL)、ウイスキーはダブル1杯(60mL)、ワイン1/4本(約180mL)、缶チューハイ1.5缶(約520mL)に相当する。

 

 

 

適度な飲酒量で脳卒中を予防

 

 

 

アルコール摂取量が日本酒にして1日1合未満では、「時々飲む人」に比べて、脳梗塞は約4割少ないという研究もあります。この理由として考えられる事は、アルコールの作用で善玉コレステロールであるHDL-コレステロールの血中濃度が上がること、血液が固まりにくくなることがあげられます。とはいえ、アルコールは中毒性もあり飲み過ぎは健康被害に良くありません。飲酒量を把握して飲み過ぎてないかを確認しながらお酒を楽しんで飲みましょう。