一覧

  • HOME
  • 健康維持のために日光浴をしよう

健康づくりのために

健康づくりのために

健康維持のために日光浴をしよう

おはようございます。

今年は雨が多く、なかなか気温も上がらない日が多いですね。

雨が多いと、どうしても洗濯物が乾きにくい、外に干せないといった状況が続きます。

もしかしたら外に出る機会が減って、家に閉じこもっている方もいるのではないでしょうか?

一日に一回くらいは日光を浴びていますか?

日光を浴びることは健康のためにとても良いとされています。

その理由を知っていますか?

 

 

 

1.骨が丈夫になる

 

日光を浴びる事で、ビタミンDが生成されます。

ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する効果があるため、ビタミンDを正常値以上に保つことは骨の健康の維持や予防につながります。

 

 

 

2.1日の生活リズムが整う

 

これはとくに朝の日光を浴びることが有効です。

朝から太陽の光を浴びることで、脳も1日の始まりを感じることができます。

「朝」を感じられることで、どのくらいで昼なのか夜なのかをあらかじめ予測することが出来るため、その日1日の体内リズムが調整できるのです。

また、明るい光を浴びることで、メラトニンというホルモン分泌が抑制されます。

メラトニンとは日中の分泌が低く、夜間に増加する日内変動があるとされています。

陽の光を浴びることで、メラトニンの分泌量をコントロールし、夜には眠たくなるようにされるのです。

 

 

 

3.リラックス効果

 

これにはセロトニンという神経伝達物質が関係してきます。

セロトニンとは、感情や気分のバランスを整えたり、コントロールしています。

セロトニンが不足してしまうと、脳機能の低下や、心のバランスを保つことが難しくなってしまい、ストレス障害やうつ傾向、睡眠障害に陥ることが知られています。

また、この物質はメラトニンとは真逆で、日光を浴びることで分泌が促進されます。

つまり日光を浴びることでセロトニンが分泌され、気分や感情が整い、気分が落ち着いてくるといった効果があります。

 

 

 

どれくらい日光を浴びたらいいの?

 

1日15分程度で効果があるとされています。

長時間の日光浴は肌を傷つけてしまったり、疲労にもつながりますので注意しましょう。

頻度は、可能であれば毎日が望ましいですが、週に3日程度は是非日光を浴びた方が良いでしょう。

あまり外に出る機会の少ない方は、是非陽の光を浴びる機会をつくって気分をリラックスしてみませんか?