一覧

  • HOME
  • 脳卒中後のうつ病に注意して!!!

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

脳卒中後のうつ病に注意して!!!

脳卒中後はうつ病になりやすいって本当?

 

 

 

 

皆さん、おはようございます。今日もケンリハ脳卒中回復ステーションから脳卒中やリハビリに関する情報をお届けします。

 

 

 

 

今回のテーマは、脳卒中とうつ病についてです。多くの方は、脳卒中とうつ病はあまり関係ないと思われているのではないでしょうか?実は、脳卒中後に20~40%の方がうつ病の発症リスクがあります。うつ病は、リハビリの進みを遅らせたり、社会復帰の阻害にもなってしまうのです。せっかくリハビリで良くなって歩けるようになっていても、うつ病が原因で外出できないなんてことも考えられます。

 

 

 

 

 

 

脳卒中後にうつ病になりやすいのはなぜ?

 

 

脳卒中で気分や感情に関する領域に障害を受けると抑うつ状態になる事があります。これに加えて生活上のストレスに伴いうつ病を発症しやすくなります。脳卒中になると、今まで自由に動かしていた身体が動かなかったり、家族に迷惑をかけているという気持ち、職場復帰などの未来の事を考えてしまい不安になったりすることが挙げられます。

 

 

 

 

脳卒中後のうつ症状の特徴

 

 

 

脳卒中後に発症するうつ病の特徴として、抑うつ気分よりは意欲の低下や活動性が低下(ほとんど活動したがらない様子)します。また、うつ病に特有の1日のうちでの気分の変動はほとんどみられません。

 

 

 

 

 

また、脳卒中後のうつ病は気づかれないケースが多いです。脳卒中になる多くの方が発症前より身体を動かすことが困難になるため、活動性が低下します。そのため、脳卒中の症状の中の一つだと考えてしまう方が多いのです。

 

 

 

 

 

うつ病はリハビリを行う上で阻害となり社会復帰をすることが出来なくなってしまう方もお見えになります。そのため、脳卒中後に気分の落ち込みやリハビリの意欲の低下が続くようでしたら、脳卒中後のうつ症状を疑って早めに専門機関にかかる事をお勧めします。