一覧

  • HOME
  • くも膜下出血について

脳卒中/脳梗塞

脳卒中/脳梗塞

くも膜下出血について

くも膜下出血とは???

 

 

 

 

今日は、ニュースで話題となっているくも膜下出血についてお話します。ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏が解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血で入院してたとのニュースが取り上げられていました。globeのKEIKOさん、歌手の星野源さんも過去に「くも膜下出血」を患った芸能人です。つまり、今回のテーマである「くも膜下出血」は私たちの身近な病気であるということです。では、くも膜下出血とはどのような病気なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

くも膜下出血の病態

 

脳は外側から硬膜、くも膜、軟膜で覆われています。くも膜と軟膜のすき間はくも膜下腔と呼ばれています。このくも膜下腔に出血を起こした状態がくも膜下出血です。

 

 

 

原因としては脳動脈の一部がコブのようにふくらんでできた動脈瘤の破裂によるものが大部分です。この動脈瘤が脳にあることが分かった場合、これを治療するかどうかがカギとなります。目安としては、瘤の大きさが5mm以上あり、形が不整形であり、70歳以下の歳以下の方の場合は治療適応となります。一方、70歳以上の方の場合は経過観察とする方が一般的です。

 

 

 

特徴は、40代~50歳台に多くみられ、年齢とともに増加します。女性の発症が男性の2倍となっています。高血圧、喫煙、過度の飲酒は動脈瘤破裂の可能性を数倍高くするという報告もあります。

 

 

 

くも膜下出血の死亡率

 

 

 

動脈瘤が破れてくも膜下出血が起こった場合、3分の1の方が死亡するというデータがあります。さらに、3分の1の方は手術や治療により助かりますが、後遺症が残ってしまいます。つまり、手術後に後遺症も残らず社会復帰できる患者さんの割合はわずか3分の1という恐ろしい病気です。

 

 

 

 

くも膜下出血の症状

 

 

 

・意識消失

 

 

・頭をバッドで殴られたような強い頭痛

 

 

・吐き気、嘔吐

 

 

・血圧上昇

 

 

 

 

 

 

 

発症前に何度も頭痛を経験される方もいます。これは、くも膜下出血の前兆であることも考えられます。しかし、風邪と勘違いされる方も多く、くも膜下出血のサインを見逃がしてしまう事も少なくありません。くも膜下出血は、死亡率が高い恐ろしい病気ですので些細なサインを見逃さない事が大切となります。いつもと何か違ったら病院への受診をオススメします。

 

 

 

 

 

くも膜下出血の原因と予防

 

 

 

くも膜下出血のリスク因子

 

 

 

・高血圧

 

 

 

高血圧は、くも膜下出血の原因になり得ます。高血圧の人はそうでない人と比較して、くも膜下出血後の死亡率が約3倍高いとも言われています。高血圧の原因の一つに塩分の過剰摂取があります。味が濃い食事が好きな方は、ダシを使った料理にするなどの工夫が必要になってきます。

 

 

 

 

・喫煙

 

 

 

喫煙に関してもくも膜下出血の原因となります。喫煙者は、非喫煙者で比較すると約2~3倍高くなるとも言われてます。喫煙が習慣になっている人は禁煙から始めていく必要があります。

 

 

 

 

 

・家族の既往歴

 

 

 

家族に脳卒中の既往歴がある方もくも膜下出血の原因となります。家族に既往歴があると男女ともに約2倍高くなるとも言われています。家族にくも膜下出血の方が見える場合は、より食事や生活習慣に注意していく必要があります。

 

 

 

 

 

 

くも膜下出血の予防

 

 

 

私たちが日ごろから行える予防は、血圧を管理してコントロールすること、毎日の食事に気を付けること、禁煙を心掛けること、前兆を見逃さないことです。まずは、これら一つでもいいので日常の生活を変えていきましょう。毎日の生活が一番の予防となります。